子供の花粉症の治療法は?いつから薬を飲めて何科を診療する?【体験談あり】

94 views

小さい子供でも花粉症のような気がする……。そんな時ってありますよね。パパやママが子供の頃よりも花粉症の子供が多くなっている現在、子供の花粉症の対策や処置はどうすればいいのでしょうか。

子供の花粉症は、以前は少数でしたが、最近では多くなってきています。10歳以下で花粉症にかかってしまう子供は、花粉の感受性が高く、アレルギー症状も重くなってしまいます。早めに気づいてあげ、早めに治療することが最大のコツで、花粉症だけでなく他のアレルギーの対策をすることも大切です。

子供の花粉症かどうかを調べるためには

子供が花粉症かどうかを調べるにはかかりつけの病院に行って調べます。

花粉症かどうかを判断するのは、専門医ではないとわかりません。また、花粉症は子供の年齢でかかってしまうと重症化しやすく、風邪のように放置していても治らないデメリットがあります。

(早めに専門医にかかるのがおすすめな理由)
子供の花粉症の症状……子供はくしゃみや鼻水といったことだけでなく、目がかゆい、鼻づまりがあるなどちょっとしたことも症状
重症化しやすい……花粉症が中耳炎の原因になるほか、副鼻腔炎など耳や鼻の病気につながります。
自然治癒はありえない……食べ物のアレルギーとは違い自然になおることはありません。また、風邪薬は効果ないため、市販の風邪薬を飲んでも治らない時にはかかりつけ医に行くのがいいでしょう。

子供が花粉症かどうかは、一見するとわかりにくく、注意力の散漫、集中力が続かなくて勉強に力が入らないケースもあります。

花粉症は、小児科、耳鼻科、眼科に行くようにします。迷ったらかかりつけ医の小児科に行きます。最近では、アレルギー専門医もありますが、悩んだらいつも行くかかりつけ医が子供も安心できるはずです。

イムファストチェックって何?小さい子供ででもできる花粉症チェック

小さい子供でもできる花粉症のチェックとして、イムファストチェックがあります。

イムファストチェックと呼ばれる血液検査は、2歳児くらいの小さい子供でもできる血液検査です。指の先にプラスチックの器具を当て、細い針でパチッとさして血液検査をします。スギやネコ、ダニなどのアレルギー内容を血液から調べられます。痛さもそこまでなく、一瞬なので予防接種よりも痛みを感じにくいです。

花粉症の治療はどうやって行われる?

花粉症の治療は 薬と吸引(吸入)で行います。

薬……抗アレルギー薬を飲んで治療します。ドライシロップ、チュアブルの薬もあります。症状よりも前に飲む初期治療が重要と言われています。
吸引……耳鼻科などで吸引をすることも治療のひとつです。鼻の粘膜の通りをよくしておきます。

ほか、レーザー治療も一部では行われていますが、これは8歳くらいから。保険が適用できる方法で、粘膜を焼いて鼻の空間を増やして鼻水を通りやすくできます。ただし痛みはあるため、未就学児など小さい子供には不向きです。

花粉症の治療は何歳からできるか悩みますが、花粉症の薬は、2、3歳くらいから飲めるものがほとんどです。ドライシロップであればジュースやアイスクリームに混ぜて治療ができます。レーザー治療になると小学校に上がってから。12歳以上になると舌下免疫療法もできます。舌下免疫療法は、1日1回薬を飲み、アレルギー物質を身体に慣らしていく方法です。半年くらい前から飲み始める必要があります。

2019年の花粉量は? どのくらい?

花粉の飛散量は、2019年は多め。

近畿や九州地方だと2018年の1.2倍から1.3倍ともいわれていて、地域によって多いと言われています。その年によって違いがありますが、数年前からスギやヒノキの花粉量は次第に多くなってきていて、ママやパパが子供だった頃よりも花粉量は増えています。花粉症に悩む人も、花粉量の増加で増えてきてしまっています。2019年の花粉量も、例年並みや前年より少ないと予想が出ている地域も、多くの地域で花粉はあり、対策も花粉量が少ないころから行うのが効果的。飛散がはじまってしまうと、花粉がすぐに多くなってしまうので薬を用意したり、マスクを使ったりすることが必要になってきます。

【体験談】アレルギー治療に通ってみた!イムファストチェックを初体験

子供が花粉症の症状である目のかゆみ、くしゃみ、鼻水が出たため、かかりつけ医の小児科に行きました。
花粉症かどうかわからず、鼻水が出るので風邪なのか花粉症なのかと気になったため行ったのですが、その時にイムファストチェックと呼ばれるアレルギーチェックをしてみました。

子供は予防接種では痛みで泣いてしまい、インフルエンザの時にも打った後に泣いてしまったのですが、イムファストチェックは一瞬。針をチクッと親指に挿して血をとるのですが、そこまで痛くなかったようで泣かずに済みました。

結果は、スギの反応が出たほかダニも出て、アレルギーは花粉だけでなくダニにも危険因子があることが判明。その後にアレグラのジェネリックの薬をもらいました。旅行した時など、民宿に泊まった時にも目のかゆみを発症したため、イムファストチェックをしておいてよかったと感じます。アレルギー症状は春とダニが多い部屋で過ごした時に発症するようです。親としても自分の子供のアレルギー症状がどうなのか把握しておくことで、旅行中にも安心して過ごすことができます。

こんな記事も読まれています