私だけ?産後の尿もれはマイナートラブルじゃない?解決法は?

90 views

女性が出産して、マイナートラブルとして挙げられるのが産後の尿もれです。実は、産後にかけてだけではなく、妊娠中からの尿もれは割と多くの人が悩むトラブル内容でした。妊娠中や産後に尿もれに悩んだら、どうすればいいのでしょうか。

そして産後でもなかなかよくならない時の解決法は?調べてみました。



妊娠中に尿もれしやすい理由は?

産後はもちろん、妊娠中にも尿漏れしやすい人がいます。
自分だけなのかもしれないと感じたりする尿もれですが、妊娠中から尿もれのトラブルがある人もいます。

妊娠中は、お腹の中に赤ちゃんがいるせいで子宮が大きくなります。すると、大きいおなかが膀胱を圧迫してしまうため、自然と尿もれが起こりやすくなります。
人によってお腹が大きくなったりならなかったりするため、尿もれトラブルは人によって違いがあり、全ての人に起こるわけではありませんが、お腹が大きくなりやすい人ほど尿もれのリスクは高くなります。

尿もれに限らず、妊娠中はトイレが近くなる人が多く、お腹が大きい人ほどトイレの頻度が高くなります。
気分も悪くなりやすいので、妊娠中に仕事をしていたり、おでかけをする時にはトイレ休憩を度々取るようにします。

また、尿もれで下着が汚れてしまうのならパッドやパンティライナーがあるので、使うようにして対策しましょう。

産後に尿もれしやすい理由は?

妊娠中だけでなく産後に尿もれになる人もいます。分娩時の負担で、陰部を切開をした人は、しばらくの間は尿もれを経験します。
妊娠の時、産後の時は尿もれは多くの人が体験しています。人には話さないものの、自分もそうだったという経産婦は多いです。

産後に尿もれをするのは、分娩の時に骨盤に負担がかかり、骨盤が開きやすくなってしまうからです。骨盤底が骨盤の底部分にあり、子宮、ぼうこう、直腸の臓器を支えています。骨盤底がゆるむことで尿道のしまりが悪くなってしまいます。人によっては、尿意を感じない人、おしっこが出にくい人といったトラブルもあります。骨盤底が回復することでよくなってきます。尿もれが気になるのなら、妊娠中同様、パッドをあててしばらく過ごすなど対処方法で解決します。

尿もれを悪化させてしまうダメなこと

妊娠中、産後に尿もれを感じたら、原因となる要因を避けるようにしましょう。
産後に尿もれをしやすい人の条件もあります。骨盤に負担をかけがちだった人は、尿もれで悩みます。

・分娩時間が長かった人
・妊娠中に太っていた人
・妊娠高血圧症だった人

出産の時、タイミングよくいきんで出産の時間が短いほど骨盤の負担を減らすことができます。出産の時に長時間かかった人は、骨盤が開いてしまって尿もれトラブルになりやすいです。

また、産後のガードルは、つけるのが当たり前になりつつありますが、実は尿もれする人はやってはいけないこと。お腹をひきしめるばかりか、子宮、ぼうこうを下に押しつけてしまうことがあります。子宮やぼうこうを押しつけて回復が遅れると尿もれが長引きます。産後4週間は、きついガードルは避けておきましょう。

腹筋を産後すぐにしはじめると、尿もれリスクが高まります。産後1ヶ月は身体を回復させることを重点的にし、腹筋するのは1ヶ月検診が終わってからにしましょう。

いつまで尿もれするもの……?

産後の尿もれは、お腹が大きくぼうこうを圧迫していたことが要因だと自然に治っていきます。産後3、4ヶ月で膀胱、子宮の位置が戻るとほとんどおさまります。その間は、尿もれパッドやライナーを使って対策しておきます。

そして、もし、長期間、尿もれが続くようならトレーニングをしてみましょう。
自宅でもできる、尿もれを防ぐ「骨盤底のトレーニング」があります。まずは、はじめてみましょう。

骨盤底のトレーニングは?自宅でできる?

骨盤底のトレーニングは、自宅のちょっとした時間ででき、慣れてくると電車の待ち時間でもできるようになってきます。

(基本のトレーニング)
ベッドなどで行うトレーニングです。
仰向けで、足のひざを立てて寝ます。足は肩幅くらいに広げます。身体はリラックスします。

1.骨盤底を締めます。肛門や尿道、膣を閉める感覚で、引き上げる感覚が得られればOKです。おなか、足や腰はリラックスを保ちます。
2.15秒ほど続ければいいです。
3.その後はリラックス。

この運動を1サイクルにして、10回繰り返します。大体10~15分で行います。寝る前など習慣づけておくといいでしょう。

(座ってのトレーニング)
生活でトレーニングをするなら、椅子の背もたれに背中をつけます。リラックスします。 

1.骨盤底を閉めます。15秒ほどかけて、肛門、尿道、膣を閉める感覚です。
2.15秒閉めたら、あとは力を抜いてリラックスします。仰向けで行うのと同じように、10回ほど繰り返せばOKです。

座ってのトレーニングは、電車で、バスで、自宅でテレビを見ているCMの時間にと隙間時間でトレーニングができます。

 

産後の尿もれは、大きくなるお腹のせいで起こり、妊娠中から悩んでいる人もいるほどです。大抵は自然になおっていくものですが、中にはなおらない場合もあり、そんな時はトレーニングを行って骨盤底に力を入れます。

妊娠、産後の尿もれのほか、40代、50代になって尿もれで悩む人も多いです。骨盤が開いたり、お腹に圧迫されて悩んでいるのなら簡単なトレーニングで対策してみましょう。

こんな記事も読まれています