もしかしてDV?DV男の特徴と対処法とは?

57 views

夫に対して不満を持っている人って結構多いですよね。ママ友同士集まったときに旦那の悪口や愚痴を言い合うのもストレス発散になって楽しいですが、ちょっと話してスッキリする程度のものならまだまだ安心。

問題なのはDVが日常的に行われている為にそれが一般的だと思っている人もいること。そういう人の特徴は自分がワガママだからだとか自分が悪いんだとか自分のせいにしてしまう人が多く友達や家族に相談もしないことで精神的な面でも気づかない間にどんどん病んでしまいます。

DVと言っても色々なDVがあります。ここではそんなDVの種類やDV男の特徴・DVを受けたらどう対処すべきか?などDVについてまとめました。

DVの種類

DVと言うと暴力というイメージですが暴力以外にも実はいろいろあります。
身体的DV・精神的DV・社会からの隔離・経済的DVとあり、中には意外とこれあるかも?と思うようなこともあります。

では、実際どんな内容がDVになるのか?下記でご紹介します。

身体的DVと精神的DV男の特徴

【身体的DVの特徴】
・殴る・蹴る
・物を投げたり壊したりする
・治療が必要にも関わらず病院に行かせない
・冷暖房を使うことを許さないなど

【精神的DVの特徴】
・通話履歴やラインの内容などを当然のようにチェック
・バカやブスなどと言った言葉で罵倒する
・子供に手をあげるなどと言った脅迫をしてくる
・叩くふりをして脅かしたりする
・突然大声を出してキレる
・仕事などの関係ないことも含め全て妻のせいにする
・ドアを勢いよく閉めたりものを蹴ったりする

社会からの隔離と経済的DV男の特徴

【社会からの隔離の特徴】
・友達や家族と会うことを制限する
・化粧やお洒落をさせない
・友達などの連絡先を消去させる
・実家に帰らせない
・家に友達や家族を入れることを許さない
・外出を制限する
・外で働くことを許さない

【経済的DVの特徴】
・生活費を入れないまたは少ししか入れない
・収入の額を明かさない
・妻の収入を夫が管理
・妻の化粧品や衣類などにお金を出してくれない
・勝手に生活費を使う
・妻名義や子供名義の通帳や印鑑を取り上げる
・自分の趣味にはお金をつぎ込む
・収入に見合わない買い物や借金を繰り返す

DVが子供に与える影響

DVを受けた女性側には当然悪い影響が出てしまいます。人間不信(男性不信)や自分に自信が持てないなど。
しかし、もっと怖いのは子供にも影響があること。

DVをする人の中には、過去にDVを見てきた人がDVをするという特徴もあるそうです。子供が夫にDVの被害を受けなくても夫婦間でのDVを常日頃日常的に見てしまうことで大人になってDVをしてしまう大人になってしまう恐れがあります。

対処法

DVに気付いても子供がいるからと躊躇している方は、逆効果で子供の成長にはDVのある家庭環境は決してよくありません。すぐに自治体などの相談出来る場所で相談するか友人や身内に相談してみましょう。

また、DVを受けていても気付いてない人もいます。知り合いの中に結婚してから全く連絡のとれなくなった人同窓会などにも顔を出さないなどちょっと変だな?と感じる人がいたら積極的に接触してみましょう。もしかしたらDVの被害を受けているかも?

他人に相談する勇気も時には必要です。自分の将来や子供の将来を考えて現状でも良いのか?周りの人に相談してみることもとても大切ですよ。

シェア