早めの対策を!部屋別赤ちゃんがケガをしない部屋とは?

190 views

大人にとっては危険もなく安全だと思われる部屋でも赤ちゃんにとってはとっても危険なものが部屋ごとに色々存在します。赤ちゃんのケガや誤飲などの不慮の事故は未然に防げるもの。

少しでも危険と感じるものは早めに対策をするのも立派な親の務めです。しかしなかなか赤ちゃんにとってどんなものが危険なのかぱっと思い浮かばないですよね。
そんなママの為に今回は部屋別に赤ちゃんにとって危険なものをご紹介します!

リビング

リビングではローテーブルの角やコンセント類たばこの吸い殻なども大変危険。手の届く場所に赤ちゃんの口に入る大きさのものは置かないように注意することや机などの角にはコーナークッションなどを。

コンセントもフォークを突っ込む子もいるようなので差し込み口は目につかない場所に置くなどの措置が必要です。
灰皿などを置いている場合は灰皿だけでなくたばこの入った箱なども手の届かない高い場所に置きましょう。

リビングでは意外に事故が多い箇所なのであまりものを置かないことが安心ですね。

キッチン

キッチンはガスや包丁などの刃物といったように赤ちゃんにとって危険がいっぱい。しかし、キッチンを安全対策するのってなかなか大変。

そこでベビーゲートなどを購入し、赤ちゃんが入れないようにするのが一番得策。ある程度大きくなっても使えるようなものを選んでおくと買い直しする必要もないですよ。

キッチンはママが行き来することが多い場所でもあるのでまたぐ物より簡単に開閉出来るものの方がママにも安全なのでおすすめです!

寝室

赤ちゃんがお昼寝をする場所も含む寝室特に枕周りには注意が必要。

枕周りにタオルや縫いぐるみなどを置くことで窒息などの危険があります。赤ちゃんの顔の上にタオルや縫いぐるみが落ちたときや寝返りをしたりしたときなどとっても危険なので枕周りにはものは置かないのがベスト!

またベビーベッドの近くの壁に何かを掛けたり観葉植物なども置くのはやめましょう。ベビーベッドの下には万が一落下しても良いようにクッション製のあるものを敷いておくのも良いですよ。

浴室

浴室などの水回り部分はシャンプーや石鹸を口に入れてしまう可能性や浴槽にお湯やお水をはったままだと水の事故などとっても危険の多い場所です。

たいてい浴室などにはドアが設置されているので安心してしまいがちですが、赤ちゃんの成長は早いのですぐにドアも開けられるようになってしまうので早めにベビーゲートなどでの安全対策は必要です。お風呂は家族全員が済んだら浴槽のお湯は流しておくとより安全ですよ。

またトイレも掃除用具を触ってしまったり便器に落ちて溺れてしまうなどの事故も実際に起きているそうなので侵入不可にすることが安全です。

ドア

盲点となるのがドアの内側。ドアの内側に指を挟んでしまうという事故も結構多いので安全対策が必須です。画像のアイテムは100円ショップで販売されているもので、この他にも安全グッズが100円ショップで結構売っているので100円なら気軽に入手出来るので色々探してみることをおすすめします!

他にも階段のような段差のある場所やベランダなど家の中には赤ちゃんにとって危険がいっぱい。一度お部屋を見直してみることも大切ですね。

シェア