いつまでも愛され妻でいるための「あいうえお」♡

254 views

結婚生活が長くなってくるとついついお互いに気を使わなくなり何においても「当然」になってしまいますよね。家族なんですからそれはそれで良いことですが、「母親」「家族」である前に一人の女性。旦那様にいつまでも「女性」として素敵だな、と思ってもらえるために伝えたい「あ・い・う・え・お」をご紹介します。



『あ』ありがとう

対人関係において誰に対しても重要な言葉「ありがとう」。付き合いが長くなるとついついこの言葉がおろそかになってしまいませんか?
ごみ捨てが旦那様の仕事!と決まっているから「捨てていて当たり前」。捨て忘れていたら文句!なんて言ってしまっていませんか?旦那様の担当のゴミ捨てであっても、捨てる前に「ゴミ捨ててくれてありがとう」と伝えるだけで全然違います。
反対のことを考えてみてください。ごはんをつくるのは奥様担当。長年つくるのが「当たり前」になっているけれど旦那様は毎日食べる前に「今日もごはんつくってくれてありがとう」と言ってくれたら嬉しいですよね?「明日もおいしいごはんがんばろう♡」と思えますよね?
小さなことでもひとつひとつ「ありがとう」を伝えてみてください。

『い』いつもお疲れさま

「仕事のことは家ではあまり話さない」という旦那様もいらっしゃるかもしれません。仕事のことを話していたとしても旦那様の仕事の大変さを理解は出来てもすべてを知ることは不可能ですよね。
嫌なことがあった日やうまくいかない日もあると思います。家の前までため息まじりで帰ってきたのかもしれません。ぜひ、「いつもお疲れさま」とねぎらいの言葉をかけてあげてください。

『う』嬉しい!

自分の気持ちを素直に出すことが年々恥ずかしかったりしないですか?何かしてもらったら素直に「嬉しい!」ということを伝えましょう。もし恥ずかしくてなかなか表現できなかったらメールや手紙でも良いでしょう。
例えば、誕生日にプレゼントをもらったとします。例えそれが好みのものでなくても、大げさくらいに喜んでください。中身がどうであれ、「プレゼントしたい」と思ってくれた旦那様の気持ちに喜びましょう♪「嬉しい」を表現できる女性は男性にとって可愛く、「また喜んでもらえることをしたい!」という活力になります。

『え』笑顔

家事や育児、仕事でいっぱいいっぱい。笑顔でいる余裕なんて無い!という奥様、多いのではないでしょうか?旦那様が仕事で帰ってきても暗い表情で「おかえり」と迎えてしまうこともあるのではないでしょうか?しかし、そうすると旦那様にもその疲れがうつるのか空気がどよん、と重くなってしまうんですよね。
奥様や母親って、その家の太陽みたいな存在で、その人が笑顔でいるかどうかで家の空気が変わります。無理につくり笑顔はしなくて良いですが、出来る限りニコニコとしていたいですね♪
自分が笑顔でいられる方法を探しておくのも1つの方法です。

『お』おみやげよろしくね♡

「今週もまた飲み会!?」と怒るお気持ちはよくわかります。「私は子供出来てから飲みになんて1回も行っていないのに!」と文句を言いたくなる気持ちもよくわかります。
しかし、そこは飲み会に送り出し「その代わりおみやげ買ってきてね♡」と可愛くおねだりしちゃいましょう♪

世の女性は家事に育児、仕事に…ととても忙しく、自分のことがおろそかになってしまいますよね。愛され妻でいるためには、自分の心と身体の健康管理をすることが一番大切だと思います。何事も無理はせず、楽んでいきたいものです♪

シェア