出来ていますか?ママになったら見直すべき生活習慣

177 views

妊娠が分かると、それまで普通にしていたことをやめたり他のものに変えたりしなければならなくなります。最初はそれがストレスに感じたりすることもありますが大事な赤ちゃんの為にも頑張って変えていかないといけません。
大雑把に言われても新米ママさんたちは具体的に分からないこともあると思います。

そこでここでは妊娠が分かったら見直すべき生活習慣をまとめてみました。妊婦さん・ベビ待ちママさん必見です。

たばこ・お酒

たばこやお酒は妊婦さんにはNGなのはご存知の方も多いですよね。最近では、電子たばこなども販売されていてこれなら大丈夫?と思う方もいるかもしれませんが電子たばこも害が全くない訳ではないのでご自信やご家族で吸っている方がいたらやめてもらいましょう。

お酒も胎児に発達の遅れなどを生じる可能性があるため、妊婦さんには控えた方が良いです。よくおかしなどにリキュールが含まれているものがありますが、気になる人はやめた方が良いですね。
またカフェインも早産や流産や発達障害などのリスクを高めてしまう恐れがあるのでカフェインの含まれるものは避けましょう。

市販薬

妊娠前には風邪をひいたら風邪薬・頭痛などのときには痛み止めを普通に飲んでいたけど妊婦さんは自己判断で飲むのはNG。

筆者も妊娠中に酷い風邪をひいてしまい、たまたま検診の日に先生に体調はどうですか?と聞かれたので風邪であることを話し風邪薬を処方してもらいましたが婦人科だし風邪のことを話しても風邪薬なんてくれないだろうと思っていたので体調のことを聞かれなかったら危なかったことが過去にありました。それからは、体調が悪いときや何か薬などを服用する前には必ず婦人科の医師に相談するようにしました。

婦人科ではない病気などでも勝手に行動する前に医師に相談することが大切です。

サプリメント

サプリメントも現代社会では多くの人が利用していると思います。しかし妊婦さんとなると話は別です。妊娠が分かったらそれまで飲んでいたサプリメントが胎児に影響がないか医師に必ず相談しましょう。
医師に相談する際に判断をしやすく確実にする為にも服用しているサプリメントの成分の表記されているパッケージなどを持参すると良いですよ。

サプリメントは妊婦さんが服用しても問題ないものから控えた方が良いものまでその成分によって異なるので素人判断は危険なので必ず医師に相談を!

マッサージや整体は?

マッサージや整体は安定期に入ってから医師に相談して始めてください。またマッサージや整体を選ぶ際には妊婦さんを対象としたマタニティーコースなどを用意しているところもあるのでご自分にあったものを選びましょう。

また無理をせずに痛みや不快を感じたときにはすぐに申し出ることも大事ですよ。我慢したりしないですぐに言いましょう。

マタニティーヨガや水泳なども安定期に入ってからでこれらも運動の一環としては大事なことですが始める前には医師に必ず相談を。ウォーキングやストレッチも軽めに!

自転車

自転車で買い物をしたいと思う妊婦さんもいますよね。しかし妊娠の経過によっては自転車に乗ることをNGと言われる方もいると思います。
何より転倒などする恐れもあるので、なるべく控えた方が良いですがいつからがNGでいつからが良いと言った指標がない為に自転車を利用したい場合には担当の医師や助産婦さんに相談してみてくださいね。

いかがでしたか?ダメなことや控えるべきことが意外に多くてストレスを感じてしまう方もいるのでは?カフェインが代表的ですが、ノンカフェインなのに味に満足を得られる優秀な食品も最近では多く販売されているのでこういった代用品を上手に活用しストレスを緩和しながらマタニティーライフをおくってくださいね。

シェア