失敗しないベビーカー選び!ベビーカーの特徴と今売れているベビーカーとは?

88 views

ベビー用品の代表とも言えるベビーカー。最近ではレンタル業者が発達してベビーカーをレンタルする方も多いですよね。レンタルをするにも購入するにしてもA型B型どちらにしたら良いのか迷ってる方も多いのでは?それもそのはず、ベビーカーはライフスタイルに合わせたもの(型)を選ばないと最悪数回しか使わずに終わってしまったなんて残念な結果に終わることもあるんです。
そんな失敗をしない為にも、ベビーカーのそれぞれの特徴や今売れている注目のベビーカーをご紹介します!

A型ベビーカー

A型ベビーカーは水平にリクライニング出来たり対面型・背面型に出来る他、車輪が大きく振動も少ないなど高性能なものが多く、首の座る前の赤ちゃんから使用出来ます。生後1か月頃から36か月頃まで使用出来ます。しっかりとした作りなので安定感がとてもあります。ただ折りたたんでも重たかったり小回りがきかない値段がとても高いなどのデメリットがあります。

筆者はA型ベビーカーを使用していました。ほとんどが近所への買い物や病院に行く時やお散歩に使用していましたが、他にも部屋の中に入れてバウンサーの代用品としても使っていました。
夏生まれの子だったので抱っこ紐で抱っこだと母子共に暑かったので、そんな時はA型ベビーカーを活用していました!ただ公共の乗り物(電車やバス)に乗るには折りたたんでも大型で重いので不向きです。

B型ベビーカー

B型ベビーカーはほとんどの場合はリクライニング出来ず、出来てもほんの少しだけ対面式出来るものもほとんどなくA型に比べて軽量で小型なので小回りがききます。1人でお座りの出来る頃だいたい生後4か月頃からの使用が可能。機能が制限されているのでA型よりもお値段も安いのが特徴です。

筆者の周りのママ友のほとんどはB型ベビーカーを使っている方がとても多かったです。A型と違って小型でコンパクトなので公共の乗り物によく乗る方や遠出をよくするご家庭には向いているかもしれないですね。3歳までや4歳まで使用しているママもかなり多かったので使おうと思えばだいぶ長く使えますよ!

バギー

バギーはB型を更にコンパクトに軽量化したものを言います。バギーと言うと三輪のエアバギーを思い浮かべますが対面式ではないものの、A型に相当するモデルです。最近ではA型の良い所とB型の良い所取りをしたAB型なんていうベビーカーもあるそうです。

バギーは非常にコンパクトで軽量なので車の中に入れてお出掛け時に使用するなどのセカンドベビーカーとして使っている方が非常に多いベビーカーです。使用時期もB型と同様に生後4か月頃からの使用が可能です。

人気のベビーカー

コンビ ホワイトレーベルメチャカルハンディーオート4キャスエッグショックHGはまさにA型とB型の良い所取りしたベビーカーで2015年に登場し、2016年には様々なランキングで1位を獲得するほどの人気商品。それもそのはずA型なのに重量4・7kと軽量、対面式にしても背面式にしても前輪が回転するオート4キャスを採用して小回りも簡単!
丸洗い出来るエッグショックシートを頭部と座面に搭載!丸洗い出来るのでとても衛生的に使えるのもポイント高いですよね。対象月齢は1か月から36か月頃までです。

http://item.rakuten.co.jp/baby-hoppe/116444/

まとめ

最近ではA型とB型の良い所を持ったベビーカーが非常に人気ですが、一般的なモデルでも5万円程。ハイグレードなモデルで約8万円最上級モデルだと約9万円程します。高性能になればなる程当たり前ですがお値段も高いです。使用する期間が限られているのでレンタルで済ませてしまおうというママも多いのもベビーカーが決して安くないのと、使用する期間が値段に見合わず短いのもあるんだと思います。

しかしライフスタイルにあったベビーカーを選べば買って損をしたなんて事はないので、自分のライフスタイルにはどんなベビーカーが最良なのか?色々と考えてみてくださいね!
またちょっと見ただけで購入するのが不安と言うママにはレンタルしてお試しで両方のタイプのベビーカーを使ってみることをおすすめします!

こんな記事も読まれています




シェア