赤ちゃんの夜泣きはいつまで続くの?夜泣きの原因と対処法!

606 views

子育ての悩みは色々ありますがママとしてパパとして初めての悩みが赤ちゃんの夜泣きと言う方も多いと思います。
毎日の夜泣きでパパもママも寝不足。
そんな状態が長く続くとパパもママも正常な精神状態ではいられずイライラする事も多くなってしまいますよね。
ここでは、赤ちゃんの夜泣きの原因や対処法をまとめてみました。

夜泣きの原因は?

赤ちゃんの夜泣きの原因は未だにはっきり解明されていません。
考えられるのは、お昼寝のし過ぎや生活リズムの乱れや眠いけど寝れないなど様々な原因が考えられています。
赤ちゃんが夜泣きをして遅い時間まで起きていたとしても翌日には朝早く起こすなど日々の生活リズムはしっかりとしておく事も大切です。

特徴

夜泣きの特徴は、お腹が空いている訳でもなくおむつが濡れている訳でもないのに突然泣き出すこと。
抱っこしてあやしたりしても泣き止まない赤ちゃんも多くいるんですよ。
夜泣きの酷い赤ちゃんは何とか泣きやまして寝かし付けまで成功したのにまたすぐに泣き始めてしまいこの状態を朝まで繰り返す子もいるそうです。
しかし、夜泣きは全くしないと言う赤ちゃんもいるので個人差があります。

いつまで続くの?

赤ちゃんの夜泣きが始まる時期もおさまる時期も個人差があり早い赤ちゃんは生後3か月頃から始まるとか。
世間のママたちが悩んでいる一般的な時期は生後8か月頃の赤ちゃんが多いです。
大体1歳頃には夜泣きがおさまる赤ちゃんが多いですが、長い子だと2歳頃まで夜泣きをする赤ちゃんもいるそうですよ。

夜泣きが始まったら

赤ちゃんが夜泣きを始めたら夜泣きの原因を探るべく以下の事を試してみてくださいね。

・おむつが汚れていないか確認する。
・お腹が空いていないか?授乳をしてみる。
・抱っこをして背中を優しくとんとんしてみる。
・衣服に不快を感じているかもしれないので(暑さなど)服を着替えさせてみたり脱がしてみたりする。
・生後6か月頃の赤ちゃんで歯が生え始めてると歯が痒いのかもしれないので歯固めをあたえてみる。
・ベランダや外に出て気分転換させてみる。

上記の事を試してみても全く夜泣きがおさまらない場合は生活リズムが関係しています。

対処法

夜泣きの対処法は規則正しい生活リズム。

・朝は早くにカーテンを開けて部屋を明るくし起こします。
・お昼寝は遅くても17時まで。
・寝る時間は夜8時までが理想とされています。

寝る前にマッサージをしたり絵本を読んだり何か寝る前の合図のようなものを決めて毎日繰り返すのも
寝かし付けにはとっても効果的ですよ。
また日中に外に出て日差しを浴びるだけでも身体が疲れて夜よく寝てくれます。
日中の過ごし方にも少し工夫をしてみるのも大切ですよ。

こんな記事も読まれています



シェア