妊娠中に食べたくなるものアルアル!そのメカニズムと海外事情とは?

172 views

妊娠すると、レモンや酢のモノといった酸っぱいものを欲するようになる・・・という話を聞いた事はありませんか?でも、実際にそれって本当?どうして酸っぱいものが食べたくなるの?といった事は、知らない人が多いんですよね。そこで、今回は妊娠中に酸っぱいモノが食べたくなる仕組みや、妊婦が食べたくない食べ物を色々とご紹介します。


1.妊娠中に酸っぱいモノ食べたくなる理由とは?

妊娠中の女性は、体内のホルモンバランスが大きく変化する事により、食べ物の好みが変わるという事がわかっています。しかし実は、妊娠している事と酸っぱいモノを食べたくなる事の関連性は、科学的に実証されていないんです。
妊娠中には特にプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が増加し、この影響で食欲が低下したり気分や体調がすぐれないといった妊娠期特有の症状が出ます。
一説によると、酸っぱいモノは、食欲を増進させる効果や、疲れた身体に溜まるクエン酸を対外に排出する効果がある為、自然と身体が酸っぱいモノを欲すると言われているようです。
このように、必ずしも妊婦みんなが酸っぱいモノを欲する訳ではないのです。私妊婦だけど、特に酸っぱいモノが食べたいと思わない・・・なんて不安に感じている方、ご安心くださいね。

https://welq.jp/43265

2.妊娠中食べたくなるモノTOP3はこれ!

一般的に、妊娠してから急に食べたくなった食べ物のTOP3は以下のとおりです。
1位:柑橘類・梅干し
2位:トマト
3位:ジャンクフード
1位の柑橘類や梅干しといった酸っぱいモノを好む方の理由は、先述のとおりでした。2位の「トマト」も、妊娠期間中にむしょうに食べたくなった、毎日何個も食べていたなんていう妊婦が多い食べ物です。その理由の1つは、トマトの持つ爽やかな酸味ではないかと言われています。また、水分も多いので、食欲が低下している妊婦にとっては食べやすく且つ栄養も摂取できるため、重宝される食べ物ですね。
最後に「ジャンクフード」も、多くの妊婦が、なぜか妊娠したとたんに食べたくなる食べ物。この理由は、妊婦の中にはホルモンバランスの変化によって自律神経が影響を受けた結果、塩味を認知する機能が著しく低下する場合や、塩分を摂取する事で悪阻が収まるなんて方もいるようです。このような症状が出る妊婦にとっては、ジャンクフードは魅力的にうつる食べ物なんですね。
ただし、ジャンクフードって、なんとなく身体に良くないとい分かっている為、妊娠中に食べると罪悪感を持ってしまう人もいるでしょう。しかし、無理に我慢してストレスを感じてしまう方が胎教には悪いです。ジャンクフードを食べた日の夕食には、多量に摂取した塩分を体外に排出できるように、豆腐やきのこ類、海藻類といったカリウムを多く含む食品を多く摂取するように心掛けることでバランスを取る事をおすすめします。

http://spotlight-media.jp/article/206106923207862422

3.妊娠中におすすめの食べ物は?

妊娠中に食べたくなるか否かは別として、妊婦におすすめの食べ物は、ずばり「お酢」です。
お酢には、ストレス解消や肥満防止といった効果がある事がわかっており、プロゲステロンの影響で気分の浮き沈みが激しかったり、体重管理に苦労する妊婦にとっては心強いお助けアイテムと言えます。
また、ビタミンC吸収効果やカルシウム溶解効果がある事でも知られているので、お酢として飲む他に酢のモノにしてビタミンやカルシウムを含む食品と一緒に摂取する事で、不足しがちな栄養素の摂取にも効果があります。

http://spotlight-media.jp/article/206106923207862422

4.驚きの海外事情:ヨーロッパ編

日本では、妊婦がお酒を飲む事は、胎児の生育に甚大な悪影響を及ぼすとされていて、みんなが知る御法度事項ですよね。
しかし、お国が変われば事情も変わるようで、イギリスではギネスビールは鉄分が摂取できるので良いと推奨されているんです。イタリアでも、悪阻で食欲のない妊婦にはビールが勧められていたり、スペインではなんとお酒に加えて煙草も頻繁でなければOKとされているのだとか。
同じ地球上に住んでいるのに、これだけ認識が異なるのは驚きですよね。

http://healthy-mama.info/%E3%81%A4%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E8%B1%86%E7%9F%A5%E8%AD%98/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%90%84%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%82%8F%E3%82%8A%E4%BA%8B%E6%83%85%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B9/

5.驚きの海外事情:アメリカ編

日本では、妊婦さんは糖分の過剰摂取になり、急激な体重増加や妊娠中毒になる可能性もある為にジュース、特に炭酸飲料はあまり飲まない方が良いとされています。
しかしながら、海を隔てたアメリカでは、妊婦にとってジンジャーエールやセブンアップといった甘い炭酸飲料は定番アイテムなのだとか。
お国柄・・・といった感じもしますが、同じ妊婦でも国が違えば習慣が大きく異なる事が良くわかりますね。

http://healthy-mama.info/%E3%81%A4%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E8%B1%86%E7%9F%A5%E8%AD%98/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%90%84%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%82%8F%E3%82%8A%E4%BA%8B%E6%83%85%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B9/

こんな記事も読まれています