辛い失恋を乗り越えるには?絶望に光が射す5つの方法

214 views

新たな出会いがあれば悲しい別れもあるもの。大好きだった彼との辛い失恋を経験した方は、今先の見えない真っ暗闇の中にいるのかもしれませんね。でも、前に進んで新しい恋を見つけるには、この辛い失恋を乗り越える必要があるんです。決して1人で抱え込む必要はありません。ここでは、そんな失恋を乗り越える5つの方法をご紹介します。あなたの新たな一歩のヒントになれば幸いです。


1.こんな時こそ友達や家族を!

あなたが悲しみのどん底にいる時こそ、あなたの傍で親身になって寄りそってくれる存在助けが必要。そんな時に頼りになるのは、友人や家族です。我慢はせずに、今あなたが何を必要としているのか素直に伝えましょう。
もし、あなたのサポートをしてくれる友人や家族にとって、負担が大きいのであればカウンセリングやセラピーなどを頼ってみるのも良いでしょう。
何よりも一人で抱え込まないという事を忘れないでくださいね。

http://www.huffingtonpost.com/joyce-marter-/broken-heart_b_4645774.html

2.スポーツで体を動かす

ランニングや水泳、ウォーキングにキックボクシングにエクササイズなど、何でもOK。とにかく体を動かす運動は、あなたの抱える悲しみを解消させるのに即効性を持つ効果的な方法です。
生理学的な観点で言えば、運動をする事で精神の安定に強く作用するセロトニンが脳内で分泌される為、心地よい爽快感を感じ束の間でも辛い気持ちを忘れる事ができるのです。
辛さを忘れる事ができ、且つ健康で素敵なボディを手に入れる事ができるスポーツは、精神的にも肉体的にも嬉しい事づくし。近い未来に待っているかもしれない素敵な恋の為にも是非トライしてみてはいかがでしょうか。

http://psychcentral.com/blog/archives/2011/02/18/10-tips-to-mend-a-broken-heart/

3.良い事・悪い事リストを作る

悲しみのどん底にいる今こそ、あなたが自分自身の事を見つめ直して理解するチャンスです。どんな事があなたを心地よい気持ちにしてくれる事で、どんな事があなたにとって不快な事かを一度リストにして作ってみましょう。
どんな些細な事でも良いんです。片っぱしから書きあげていくうちに、あなた自身も気づいていなかった真の自分がわかってくるはずです。
また、余裕があるのであれば、「良い事リスト」・「悪い事リスト」の他に、しない方が良い事リストも作っておく事をおすすめします。
例えば、あなたが落ち込んでいる間に、彼が別の新しい女の子と仲良くしているなんて知ってしまう危険性も・・・。その為、元彼のフェイスブック等のSNSを覗かないこと。また、彼の近況を知ってしまうリスクのある彼の親友とも連絡を取らないと言った内容を、最初に「しない方が良い事リスト」に記入しておくことをおすすめします。

http://psychcentral.com/blog/archives/2011/02/18/10-tips-to-mend-a-broken-heart/

4.自分を好きになる

大好きだった彼との別れを決して自分のせいや自分に魅力がなかったからなんて、自虐的に取ってしまわないようにしましょう。時として、人は相手が求めている愛を与える事ができない事があるんです。あなたと彼との関係が上手くいかなかった理由の1つもそう。
しかし、それは彼の問題であって、あなたには全く関係のない事なんです。
決して自分を卑下せず、自分という存在を愛おしく大切にしましょう。

http://www.huffingtonpost.com/joyce-marter-/broken-heart_b_4645774.html

5.いっぱい笑って泣く

「笑う門には福来る」と言うように、笑う事が精神的にも健康的にも良い効果をもたらすことは良く知られています。悲しい時こそ、頑張って笑うようにしましょう。
また、「笑う」事と同様に思いっきり「泣く」という事もとっても大きなヒーリング効果がある事が分かっています。
感動する映画などを見てたくさん泣いた後、どこかスッキリ爽快感を感じた経験がある方も多いはず。
実は、ある研究結果によると、悲しみや怒りといった感情から流す涙には、有毒な生化学的な物質が含まれており、涙を流す事によって体内からこの有害な物質を除去すると共にストレスを軽減してくれると言います。
あなたも、今の辛い気持ちに真正面から向き合って、思いっきり泣いて、それから思いっきり笑える事を見つけてみてはいかがでしょうか?

http://psychcentral.com/blog/archives/2011/02/18/10-tips-to-mend-a-broken-heart/

こんな記事も読まれています