実はみんな興味津々!本当などうなの?~不倫の始まり~

6,998 views

少数派ではありながらも、実は経験者の多い「不倫」

みんなどこで出会い、どうやって恋に落ちたのか。

自ら飛び込んだのか、それとも偶然なのか、そしてどのようにして愛を育んでいるのか、、、

気になるトコロを紐解いてみると、以外な事実が出て来ました。



出会いの場所は?

そもそも出会いはどういった形だったのでしょうか?
『昼顔』では偶然出会った形でしたが、実は「同じ会社」という回答が最も多い出会いだそうです。
毎日顔を合わせる職場は、恋愛にも発展しやすいのでしょう。

更には「保育園のママ友の合コン」という答えもあります。子供がそのくらいの年齢だと結婚前の愛していた彼→ダメ夫に変わっている頃でしょうか?

妻の出会い

専業主婦が減り、共働きで社会に出てきた女性達は、ダメ夫よりも賢く上手に恋愛を楽しみます。
専業主婦だと、家を空けるのにはそれなりの理由が必要ですが、「働く女性」が家を空けるのに理由を付けるのは簡単です。大胆にも外泊も出来たりします。

悲しい事に、その中にはもう既に夫に愛はない、ただ子供の為の父親をしてくれればそれでいい、という意見は少なくありません。自分も好きなようにするから、あなたも好きなようにしてくれて構わない、と。心の中では思っているそうです。(もちろん、言葉に出しては言えませんが)

夫の出会い

もちろん、その夫側にもチャンス(?)があります。
なんなら、女性よりもきっかけは多いのではないでしょうか?
もちろん女性と同じように職場での出会いは多いですし、男性同士ですと飲みに出る事もあるでしょう。その分出会える機会は断然多いです。

でも、それが恋愛に発展するのは女性に比べて少ないように思います。
例えばスナックやキャバクラで女性に恋する男性がいたとしても、水商売の女性がお客さん相手に本気になる事は少ないでしょう。それでは仕事になりませんから。
そう考えると、恋愛に発展する機会に恵まれているのは、実は男性よりも女性なのかもしれません。

愛の深め方

さて、そんな風に出会った2人はどこで愛を深めているのでしょう。
誰もが思うのはラブホテルでしょう。
確かにその場合ももちろんあるとは思いますが、それなりに普通に世間に馴染んで、普通のカップルと同じように楽しんでいるのも事実です。

もちろん、自宅がある近辺では無理でしょうが、少し離れればそんなに人の目も気にならなくなります。
普通にドライブをして、レストンランで食事を楽しみ、時には温泉旅行も楽しんでいるのです。

不倫生活

最近では、旅行の申込は旅行カウンターまで出向く事なく、パソコンで旅行サイトや旅館に直接予約も出来る時代です。チェックイン時の宿泊簿への記入も本名でなくてもバレません。
もしどちらかが独身であれば、更に一人暮らしであれば、そこで2重生活を普通にしているパターンも少なくありません。

こっそり隠れてラブホテルへ行き、短い時間で愛を深める。
そういったイメージは当人達から最も遠い人達の中にしかないのかもしれませんね。

こんな記事も読まれています