実はみんな興味津々!本当などうなの?~不倫率~

4,112 views

不倫はドラマや本の中の出来事で、自分とは全然関係ない、と思っている。でも本当のところはどうなのでしょう?

実はものすごく身近で、たくさんのカップル達がごく自然に秘密の恋愛をしているのかもしれません。

ただ、自分だけがが知らないだけなのかもしれません・・・。



不倫率

自分とは関係ないと思っている「不倫」。でも実は過去20年間で浮気をしたことがある女性は40%以上も増えたといわれます。
Social調査によると妻の浮気は6人に1人、夫の浮気は5人に1人。
やはり夫の浮気の確率の方が高いですが、男女にそれほどの差がなくなったのも事実です。
その為、妻の浮気による離婚のケースが増えていて、夫よりも賢く対処しているという事です。

ママ友同士のコンパ?

タレントの千秋によると、ママ友の5割は不倫しているそうです。
聞いた話では、保育園のママ友同士でコンパの話をしてるのだとか、、、育児で疲れたママ達がそんな楽しみを持っていたなんて、誰が思うでしょう?

実際に私の結婚している友達の中でも、不倫経験率は60%で、決して少ないとは言えません。
という事は街中に、いや、自分の周りにも当たり前のように不倫経験者はいるのです。ただ、知らないだけで。。。

受け入れてくれる場所がある

「不倫」というと、コソコソと密会していたり、本気になってドロドロなイメージがありますが、すべてがそうではありません。

これだけ不倫経験者の確率が多いのです。ある程度公に行動出来る場所があったりコミュニティがあったりします。
割りきって付き合っている女性も多いので、常にドロドロな関係になるわけでもありません。

2人だと行動ももちろん狭まりますが、不倫している者数人で食事したり、出かけたり。隠さずに公にできる場所も多いのです。当人意外の周りの者達も、その二人が不倫している事実を知りつつも、不倫というよりは、恋人同士として接しています。
そういうった場は少なくなく、意外と多いのです。女
性の経験者が増えているという事は、そういうコミュニティが出来ても不思議ではありません。

居心地の良い場所

何も隠さず、そのままを受け入れてくれる場所がある。
それは当人にとっては、とても楽で居心地の良い場所のハズです。
それは、知らない人達の今までのイメージでは考えられないものでしょう。世間が当たり前のようにダメだとしている不倫だからこそ、その世間から逃れ隠れてコソコソしているもの。でも、それを公に認めている場所があるなんて。

実は味方が多い

経験者=味方、だからドロドロになりにくいのかもしれません。
反発があって、クヨクヨ悩むからその反動も激しいものです。
でも、素の自分でいられる場所がある。この愛を無条件に認めてくれる場所がある。
しかも、経験者が多いという事は、暗黙の了解が通じるのです。むやみに世間に好評する事もありません。

それは浮気されている側からすると、憎らしく腹立たしいものでしょう。
でも、逆に言えばそれだけ経験者がいるのだから仕方がないとも言えます。
世間は常に多数決なのです。多数派が正しく、少数派が間違いなのです。

こんな記事も読まれています