働く妊婦さん必見!持っておくと良いおすすめアイテム

590 views

最近は妊娠しても、出産ギリギリまで働く妊婦さんはたくさんいます。今共働きをしていて、妊娠が分かったあなた。特に初めてに妊娠だと、分からないことだらけで、色々と不安な事もあると思いますが安心してくださいね。ここでは、妊娠初期~後期にかけて、働く妊婦さんが持っておくと良いおすすめのアイテムを5つご紹介します。是非、この記事を参考に、色々アイテムを使って、自分にとって快適な環境を整えてくださいね。


1.マスク

通勤時の電車やオフィス内などは整髪料や香水など様々な臭いで溢れかえっているものです。普段はそれほど気にならない臭いであっても、特に妊娠初期の場合は、周囲の匂いに敏感になってしまいますよね。
そんな時に役に立つお助けアイテムは、マスクなんです。
マスクをしてミントガムを噛んだり、自分の好きなアロマを少し垂らして付けておくだけで、大分気分がマシになりますよ。
いつでもサッと取り出せるように、通勤かばんには常に入れておきたいアイテムです。

http://karadanote.jp/2102

2.携帯食

妊娠中の症状って人によって色々なんですよね。
何を食べても吐き気を催す「吐きつわり」の人もいれば、逆に空腹になると吐き気を催してしまう「食べつわり」の人もいるんです。
そんな「食べつわり」の方にとっては、自由に食べることができない通勤中や勤務中はなかなか辛いものです。
そこでおすすめするのは、グミやキャンディーといった、すぐに口に入れられるような食べ物。
また、ひと口サイズの小さなおにぎりをいくつか持ち歩くのも良いですね。
何かを口に入れておくだけでも、不快な気分は大分マシになるので、自分の食べられそうなものを常にポーチやポケットなどに入れて持ち歩くようにしましょう。

http://karadanote.jp/2102

3.冷えむくみ対策アイテム

オフィスって結構足元が冷えるんですよね。
また、夏場の通勤電車やバスなども、エアコンが効きすぎていて寒い!なんて事もありがちです。
冷えは妊婦にとっては大敵。お腹の張りにも繋がってしまうので、少し寒いなと思ったらさっと出せるようなひざかけやストールを持っていると良いでしょう。
また、妊娠後期に入ると、むくみも気になってきますよね。
冷え防止とむくみ防止を兼ねて、着圧ソックスなどを履いたり、カバンに入れておくのもおすすめですよ。

http://maternity-march.jp/youtuu51972/

4.クッション

妊娠中期以降、お腹が大きくなってくると気になるのが腰痛です。
特にデスクワークの方は、お腹は大きくなってくると、お腹がデスクに当たって不自然な格好になってしまって、結果的に腰痛になってしまったなんてパターンも多いんですよね。
そこでおすすめするのは、小さなクッションを持参すること。
お腹がデスクにあたるのが気になる際は、お腹とデスクの間に挟んでみたり、背もたれと腰の間に挟んでゆったりもたれることができるようにするなど、自分の居心地の良い体制で仕事ができるように工夫をしてくださいね。

https://ninmama.jp/61722

5.マタニティマーク

通勤時の満員電車。
妊娠中はなるべく混雑は避けようとしてもどうしようもない時ってありますよね。
また、疲れているたり立ちっぱなしの状態が続くと、お腹の張りにつながってしまうこともあります。
そんな時に、助かるのがマタニティマーク。
自分が妊婦であることをおおっぴらには言いたくないけど、誰かの助けが欲しい時にとっても役に立つアイテムなんです。
もちろん通勤時だけでなく、オフィスでも効果あり。
わざわざ「妊娠しました」とは言いたくないけど、妊娠中で体調が万全ではない事をなんとなく周囲に理解してほしい時には、さりげなくカバンにマタニティマークを付けておくと良いでしょう。

https://cookpad-baby.jp/smilenews/column/614?page=2

こんな記事も読まれています