夫婦で一緒に生活して初めてわかる、驚きの生活習慣の違い

1,752 views

やっと念願叶って大好きな人と結婚、結婚生活がスタート。同棲せず結婚する人もいれば、同棲を経て結婚する人もいるでしょう。

しかし、結婚してから本音が出てくるので色々と戸惑うこと、不快な思いをした人もいるのではないでしょうか?



食生活の違い

生まれも育ちも環境も違った男女が生活するので、自分の家では当たり前だと思っていたことが、相手には「えっ?」と驚かれることはありませんか?
大皿で何点か盛り、好きな分量だけ取って食べるパターン、定食屋さんのように自分の分として既に取り分けて出されるパターン。
最初はお互い妥協していても言葉に出して不満を伝えないと積りに積もった時には大爆発してケンカに発展しかねません。

毎日会話がある?ない?

子供の頃、、、いや結婚する前までに家族と団欒した経験はありますか?毎日?時々?
結婚した男女は、気が緩んで自分が育った環境にしようとする傾向があります。毎日会話したい人と、毎日会話しなくても大丈夫だと思う夫婦にとって少しずつズレが生じてきます。
このことも話し合っていれば、お互いを理解し尊重しあえると思うのですが、相手に話さないでいたらそのうち相手のことが理解出来なくて夫婦として亀裂が入ります。
そうならない為にも、育った環境のことお互い話した方がいいですね。

裸族?部屋着?

結婚する前から家で過ごす時の格好は?裸族に近い下着だけでウロウロ?部屋着専用の服?外着と部屋着は一緒?
恋人時代に行った旅行の時は、気を遣って自分をさらけ出したことの無い人でも結婚すると自分が出ます。
なので、どんな格好をしても自分をさらけ出してくれていると言うことを理解してあげて下さい。

毎日お風呂は入る?入らない?】

イマドキの人は、毎日シャワーはするけれどお風呂に浸かるのは週に何回かと言う人もいますよね。では、髪の毛は1日置きしか洗わない。体は石鹸を使わず手や柔らかいタオルで洗うだけ。と言う人もいるのでは?
デリケートな部分なので、相手のこと理解してあげるか、話し合いは必要なところかもしれません。

イベント事

法事や誕生日などのイベント事で相手の実家へ行って驚いたこと、ドン引きした経験はありませんか?
住む地域、親戚づきあい、環境によって法事の参加でラフな格好で行ったり、ある人はビッシリ葬式で着る礼服を着て法事に行くところもあるのでは。
これに関しては、「郷に入れば郷に従え」精神で、法事等は相手に合わせて参加するのがベストです。相手も親戚等からも変な目で見られることはありませんから。

こんな記事も読まれています



シェア