実例から学ぶ!だめんずから女性が抜け出す方法①~口だけの男性に振り回される女性PartⅠ~

6,224 views
http://www.pakutaso.com/20141126330post-4864.html

「口だけの男性」と言えば典型的な「だめんず」ですよね。

でも、この「口だけのだめんず」と恋愛してしまう女性は思いのほか多いのです。

口だけの男性に振り回されてしまう女性の実態とは?

今回は実際にあった例を紹介しながら、「口だけの男性」から女性が抜け出すための方法をお伝えします!



口だけの彼の夢を応援したい!

ある彼女とその彼氏の本当にあった物語を紹介します。

彼女の彼には夢があり、「そのために勉強する」と彼は言っていました。
彼女は、もちろん、そんな彼の夢を心から応援したいと思っていました。
でも、彼は口だけで実際には夜遅くまでゲーセンに行き、毎日出かけて遊んでいたのです。
それを見て彼女は「私ががんばらければ!」と、彼が夢を叶えるために全力で応援する決意をしました。

決意した彼女の尽くし方はすごいもの!
もともと塾講師をしていた彼女は、結果の出る勉強の仕方を熟知していました。
勉強の計画表を作り、暗記の方法や数学や英語などの教養科目に論文の書き方まで、やれることは全て惜しみなく・・・
デートは彼の勉強に付き合って、遊びにも行かず、テキストの重要なところにマーカーを引いたり、参考テキストを図書館から探す日々。
もちろん、デート費の節約を兼ねたお弁当作りは忘れません。

そんな彼女を彼も頼り、「自分に弱いところがあるから、自分が遊びに行ってしまわないように言ってほしい」と言われていました。
「彼のためだから、嫌われ役も厭わない。彼に頼まれたし、彼の夢のため!」
と、口だけで自分の言ったことから次々と逃げ出す彼が夢を叶えるために、彼女は彼に様々なアドバイスを伝え続けました。

彼女は彼の夢を応援できることが幸せでしたし、夢が叶った時に彼が喜んでその道を歩くのを楽しみにしていたのです。

そんな彼女に彼は・・・

そんな彼女に彼はどのような反応をしたのでしょうか?
実は、彼女には残酷な結末が待っていたのです。

別れは突然やってきました。
いつものように勉強のアドバイスをしていた時です。
「1年間、無駄にしたな」
「お前のせいで自分を見失った」
と、別れを切り出されてしまいました。

この言葉を切り出されたとたん、1年に渡って彼に尽くした彼女の時間が止まりました。
「私だって、あんなこと本当は言いたくないのに、頼まれたからやっただけで、私だって遊びたいのも我慢したのに!」
叫びたい衝動に、彼女は何もすることができませんでした。

勉強のサポートだって頼まれてやったのに、口だけで行動しない彼氏に彼女は絶望を隠しきれませんでした。
それでもついていこうとがんばった彼女の努力は無に帰したのです。

それにしてもこの彼女、どうして口だけの彼氏の夢を応援していたのでしょうか?
「口だけの男性」は完璧にだめんずです。
自分の幸せのために、本来は離れなければならないのです。

でも、実は彼女自身が口だけの男性と恋愛する要素を生み出しているのです。
口だけのだめんずに惹かれる女性の心理とは一体何なのでしょうか?

何かをしなければ自分には価値がないと思っていませんか?

本来、人とはただ生きているだけで価値があるのです。
何もしなくても、彼女は彼に愛される資格が本当はあったのです。
でも、何らかの事情で「自分は何かをしなければ人に愛してもらう価値がない」
と、そう思っている人もいます。
それは、いじめだったり、過去の恋愛だったり理由は様々です。

この彼女も、そうだったのです。
彼女は幼少期のいじめが原因で「自分には価値がないから何かをしなければ愛してもらえない」と心の底で無意識に思っていたのです。
「何かを与えなければ愛されない」という彼女の心理が、「自分が何かをしないといけない男性」を上手いこと作っている関係だったのです。
「一生懸命に彼を手伝うことで、愛されるようになる」との無意識の考えが彼女のこの行動を生み出していたのです。

本当はあなたのままで愛される価値があるのに、「何をしなければ彼が愛してくれない」なんてあなたも思っていませんか?
そんな心であなたも彼に尽くしていませんか?

人は生きているだけで愛される 実験してみましょう!

「何かをしなければ愛されない」なんて、何だか働いてお金がもらえるようなお仕事みたいです。
そんな苦しみからは、もう卒業してしまいましょう!
恋愛は彼に何も与えなくても、あなたはいるだけで愛されてもいいのです。

でも、そんなことを提案すると、
「生きているだけで愛されることができるなんて、信じられない!」
「人はGive&Takeでしょ!」
と、思うでしょう。

では、試しに実験をしてみませんか?
彼に尽くすのは辞めるのです。
自分のできることからでいいのです。
まずは小さいことから始めてください。
例えばこの彼女の場合は「勉強の計画表を作ることを辞めること」からスタートするのです。
その分、あなたは自分のためにその時間を使ってみてください。
自分のためだけに丁寧な紅茶をいれたり、引き出しの中の一つを片づけたり。
あなたがご機嫌でいる方がよっぽど彼は愛してくれます。

口だけの彼から卒業

しばらく続けてみて、彼は変わったでしょうか?
彼が変わったのであれば、あなたへの愛は本物です。
彼は口だけから卒業し、夢を叶えるためにがんばるようになります。
そして、実は、あなたが彼にあれこれ手を出しすぎて彼が自分でできることをあなたが潰していたことに気づくはずです。
彼をだめんずにしていたのはあなただったことがわかるでしょう。

逆に彼が変わらずに、むしろあなたから離れて行ったら?
「ラッキー」だと思ってください。
あなたはだめんずから抜け出し、新たな恋愛をスタートさせることができます。

いかがでしたでしょうか?
覚悟が必要なことになるかと思います。
ですが、口だけのだめんずから卒業し、あなたのための幸せな恋愛のためにぜひトライしてみてくださいね。

次はこの事例からもう一つ、だめんずから抜け出すアドバイスをしたいと思います。

こんな記事も読まれています



シェア