関西のスケートリンク比べ。冬ならアイススケート。

2,818 views

冬のアウトドア … 風も強いし真冬に遊ぶにはちょっと厳しい。そんなときは発想を転換して、思いっきり寒い遊び場に行ってみましょう。関西北部、琵琶湖や山間部なら雪遊び、そしてアイススケート。道路で遊ぶローラースケートやローラーブレード(インラインスケート)なら遊んだことがあっても、本物の氷の上を滑るなんて機会は貴重です。最初はビクビクしながら、恐る恐るの子供も、1時間もすれば手放しで滑れるようになります。教室を開いているリンクもありますし、キッズタイムを設けているところもあります。一般営業している関西のスケートリンクを比較してみました。冬休みの思い出にもどうぞ。

大阪プール ~ 料金が安い。

まずは大阪。公立(大阪市立)の大阪プール。メインプールが冬はスケートリンクになります。
こちらのスケートリンクは、競技にも使われる本格的なもの。私はてっきり、プールの水をすべて凍らせて出来ているのかと思いましたが、ちゃんとプールの上にフロアを作って、その中にパイプを通して作ると知ってびっくりしました。
公共アクセスも良く、周囲には駐車場もあります。1日券で何度でも出入りできますから、お弁当持参で。しかしリンクに降りない親も入場料がかかるのが難点ですね。
レンタル靴は400円、ヘルメットは無料です。公立(財団の運営)なので料金がリーズナブルです。

https://www.yahataya-park.jp/osakapool/iceskate/making.html

滋賀県立アイスアリーナ ~ 親子でレッスンが受けられる。

滋賀・大津にある滋賀県立アイスアリーナ。こちらは、スケート教室が充実していて、幼児教室や、大人向けの、「リフレッシュ教室」などもありますが、親子で参加できる「親子スケート教室」がおすすめ。これなら、初めてで少し不安なお子さんでも安心。なにより子供の成長が近くで見られるのは嬉しいですね。
小さいお子さんには30分500円の貸しソリがおすすめ。ママ・パパに押してもらえば、爽快感が味わえます。
利用料金は、高校生以下の方は、平日が550円。土日祝日は700円。高校生以上の方は、平日が1200円。土日祝日は1600円です。名神高速瀬田西ICから5分程で到着します。

http://www.bsn.or.jp/ice/

ひらかたパーク ~ お子さんのスケートデビューにぴったり。

昔からある遊園地、ひらかたパークでは、冬になると、スケートが楽しめるようになります。
ここのスケートリンクは、広々と楽しめるメインリンクと、手すりが低く、小さいお子さんでも利用しやすい、サブリンクがあり、お子さんのスケートデビューにぴったりです。
入場料金は、大人600円。子供300円です。また、遊園地の入場料とセットになったチケットもあります。
休園日が結構多いので気を付けましょう。

http://www.hirakatapark.co.jp/icesquare/

尼崎スポーツの森

ここは、プール・フットサルなどなどたくさんのスポーツが楽しめる施設。冬にはプールが、本格的なスケートリンクに変わり、スケートや、アイスホッケーなどのウィンタースポーツを楽しめます。
無料のシャトルバスも出ているのでうれしいですね。
料金は、大人1200円。中高生800円。小学生・幼児600円です。貸靴は400円です。

http://www.a-spo.com/skate/

京都アクアリーナ

私の住んでいる京都にも、とっても素敵なスケート場があります。京都アクアリーナです。
ここは、京都府内唯一のスケートリンク。11月~3月までの冬の時期に利用できます。
メインリンクでは、アイスホッケーや、フィギュアスケートなどの競技もできる本格的なスケートリンクです。リンクサイドに備え付けのヘルメットがあり、無料で利用できます。また、多目的トイレも男性用・女性用ともに1か所ずつあるので、お子さんのおむつ交換などに便利です。
利用料金は、大人1640円。小中学生1440円。幼児は無料。ですがそれぞれ別途貸靴代410円が必要です。思う存分楽しんでください。

http://www.kyoto-aquarena.com/

こんな記事も読まれています