海遊館を子連れで楽しむコツ5つ。大きな水族館は下調べも大事

3,814 views

大阪天保山の海遊館。関西で最も人気のある水族館のひとつです。メインはジンベイザメの大水槽。悠々と泳ぐ大きなサメが、癒しと楽しさを感じさせてくれるベストスポットです。でも海遊館は広くて、とっても大きい。周りには商業施設・レジャースポットもあり、1日子連れで楽しめるスポットです。お得なチケットもたくさんありますし、事前に調べればより楽しめるイベントもたくさんあります。いくつかを紹介します。

お食事タイムが楽しい

動物園でもえさやりの時間は人気。同様に海遊館でも、時間を決めてショーとして「お食事タイム」と位置づけて、毎日のイベントになっています。
ラッコやアシカ、ペンギンなど子供たちに人気の魚、水生生物のコーナーでは毎回人だかりができますので、早めのスタンバイが大事ですね。
さらに海遊館のえさやりタイムでは、ただエサを与えるだけでなく、飼育員による魚の生態の解説や、いまの海で起こっていること、環境保護の話などを聴くことができます。

http://www.kaiyukan.com/guides/mealtime/

周りの商業施設とともに楽しもう

海遊館がある天保山。大阪湾の埋立地に、大きな施設がいくつもあります。
ハーバービレッジの大きな観覧車からは、USJや関西空港、晴れていれば遠く神戸・六甲山までの眺望を楽しむこともできます。
早起きしてのお出かけがベストですし、天保山ハーバービレッジ各施設との割引のセット入場券は、観覧車とのセットがお得ですよ。
サンタマリア、遊覧船も魅力的です。海の生物について観察し学んだあとなので、船に乗っての実にクルージングもより楽しめそうですね。

http://www.kaiyukan.com/thv/cruise/

イルミネーションもすごい ~ 冬から春なかばまで

海遊館の新しい名物、イルミネーション。
ジンベイザメやエイ(マンタ)、マンボウにイルカなどが、秋の終わりから春先まで、きれいなLEDライトで出迎えてくれます。
毎年、趣向を凝らしたイルミですが、圧巻なのはやはり巨大なジンベイザメ。立体で表現されていて、しかもカワイイから人気の写真スポットです。
クリスマスを過ぎても、お正月、そして春休みまで開催されていますから、お出かけの際には要チェックですね。

http://www.kaiyukan.com/topics/2014/11/topic_001361.html

DSコンテンツで楽しむ … ニンテンドーDSは忘れずに!

海遊館に行くと、館内でも何人かの子どもがDSに夢中… せっかく水族館に来たのに、な~んだとガッカリしていたのですが、親子連れが、魚クイズを楽しんでいます。
パパが声をかけたら、DSのプログラムを無料で館内でダウンロードできるということ。わが家にはDSがないのでチンプンカンプンの話でしたが、海遊館のWEBサイトではガイドシステムとありました。
それぞれのアクアリウムなどのスポットに、たくさんのコンテンツが用意されているとのこと。生き物クイズもあったりするみたい。
DSが手放せない子供にも、より楽しい思い出になりますね。

http://www.kaiyukan.com/guides/ds_voice/

お得なチケットやセット割引券

いつ行っても楽しい海遊館。でも大人・一般だと2300円の入場料が悩みの種です。パパママと子供2人だと6000円近くになってしまいますね。
食事や交通費を考えると、そんなに頻繁に行くことはできなさそう。以前は、季節によっては、割安の夕方入場のチケットが販売されていた時期もありましたが、現在(2015年12月)はなさそう。
割引券は皆無ですが、通常売られている電車とのセット切符がお得。あとは、入場券を買う列に並ばなくてもすむ、コンビニでのチケット発券も活用したいですね。
年間3回以上いくなら「年間パスポート」も一考の余地があります。

http://www.kaiyukan.com/info/admission/

こんな記事も読まれています