3ヶ月までの赤ちゃんの生活アドバイス~運動と外気浴

1,335 views

ねんねだけしていた赤ちゃんも、生後1ヶ月を過ぎたくらいから少しずつ運動したり、外の空気に触れることが出来るようになります。ゆっくりゆっくり少しずつ無理をしないで行うようにご紹介しますね。

腹ばい遊びをしましょう

腹ばいの姿勢は、首や手足、背中の筋肉の発達を促し、寝返り、はいはい、つかまり立ちなど、運動発達につながっていきます。
1~2ヶ月になったら、腹ばいさせてみましょう。1日数回、1回20~30秒から始めて、慣れてきたら、徐々に時間を延ばしてみましょう。

●1ヶ月ころ→腹ばいにすると、ほんの少し頭を持ち上げます。お母さんは赤ちゃんと同じ目の高さになってやさしく名前を読んだり声をかけてみましょう。

●3ヶ月頃→腹ばいにすると頭と肩を持ち上げます。腕は肩と同じ位の幅で行いましょう。

外気浴をしましょう

家の中にいると、どうも赤ちゃんはぐずりがち、そんなことはありませんか?赤ちゃんはお外が大好きです。生後1ヶ月を過ぎたら、少しずつ外気に慣らしていきましょう。赤ちゃんの皮膚や喉の粘膜を丈夫にし、運動が活発になり、機嫌がよくなります。赤ちゃんに話しかけながら、楽しく外気浴をしましょう。お母さんの気分転換にもなりますよ。

★寒い時期の外気浴

日の照っている暖かい時間帯に、窓を開けて外気に触れさせます。
外気に慣れてきたら、赤ちゃんを抱いて戸外に出てみましょう。生後2~3ヶ月を過ぎると皮脂の分泌が低下し、肌がかさつきやすくなります。乾燥肌だの赤ちゃんには、赤ちゃん用の保湿剤を塗ってあげてください。

★暑い時期の外気浴

真夏の日差しの強い10~14時までの時間は避け、涼しい時間帯を選び外に出ましょう。紫外線の強い時期は、長袖の衣類や帽子などで紫外線をカットしましょう。

最後に

腹ばいの遊びは、授乳後を避けましょう。吐いてしまう可能性があります。出来れば1日数回行うことが理想ですが、最初は無理をしなくても良いですよ。泣いたら抱っこして「頑張ったね」などと声をかけてあげましょう。

外気浴は、季節の空気を感じることの出来るものですね。人ごみを避け、寒いときは寒い空気、暑い時は暑い時の空気を、赤ちゃん自身が感じることは大切です。

ちなみに筆者は、上の子どもが幼稚園の年中の時に第二子を出産しました。バス乗り場まで送り迎えをしなくてはいけなかったので、生後1ヶ月から使える抱っこホルダーに入れて、季節に関わりなく外に出ていました。そのおかげか、下の子供はとても丈夫な2歳児になりましたよ。

こんな記事も読まれています