3ヶ月までの赤ちゃんの生活アドバイス~スキンケアと事故防止

1,068 views

生まれてから3ヶ月。赤ちゃんはすくすくと成長していますか?3ヶ月までの赤ちゃんの生活アドバイスを、スキンケアと事故防止の面でご紹介します。小さな赤ちゃんの時期はあっという間。楽しく気負わず育児をしましょう。

あたまのケア

生まれたばかりの赤ちゃんは、皮脂がたくさん出るので、そままにしておくと黄色いかさぶたになってしまいます。毎日ベビー石鹸かベビーシャンプーで洗い落として上げましょう。頭に脂や汚れのかたまりが出来てしまった時は、ベビーオイルをぬって固まりがふやけてから頭を洗ってあげれば、肌を傷つけずに汚れが落とせます。

あせも・湿疹の予防

お風呂の時は、ベビー石鹸やベビーシャンプーをよくあわ立てて優しく洗い、すすぎを丁寧にしましょう。
あご・首、耳の裏側、わきの下、オムツの当たるところなど、くびれた部分やしわの間は、特に気をつけてこまめに洗いましょう。
洗った後は、清潔なタオルでしっかり水気をふき取りましょう。
顔のブツブツがひどい時には、石鹸できれいに洗いましょう。
汗をかいたときやお肌が汚れた時は、優しくふいてあげましょう。

オムツかぶれ

オムツをこまめに取り替えましょう。脱脂綿をぬるま湯に浸して、こすらずに汚れを洗い流してよく水分をふき取り、おしりが乾いてから、オムツを当てましょう。おむつかぶれがなかなか治らない時には、医師に相談しましょう。

0~3ヶ月の事故防止

赤ちゃんの動きはまだ少ないですが、事故が怒ることがあります。
気をつけましょう。
☆うつぶせに寝かせていませんか?まだ寝返りが打てない赤ちゃんは窒息してしまうことがあります。
☆ママの靴はどうですか?赤ちゃんを抱っこして歩くことは不安定な靴だとバランスを崩す恐れがあります。ヒールは少し我慢して、安定した靴を履きましょう。
☆赤ちゃんを脇に抱いたまま、熱い飲み物を飲んでいませんか?あかちゃんにかかったら大やけどになりますよ。
☆自動車や家の中に赤ちゃんを一人で置いておくことがありませんか?短い時間でも赤ちゃんを一人にしないようにしましょう。

お兄ちゃんお姉ちゃんがいる場合

赤ちゃん生まれて、3ヶ月。お兄ちゃんお姉ちゃんがいる場合のケアを最後にご紹介します。
今までは、周りの愛情を独り占めしていたのが上のお兄ちゃんお姉ちゃんですね。赤ちゃんが生まれることによって「赤ちゃん返り」や「やきもち」をやいたりしてしまうことがよくあります。このような行動は上の子からの「かまってほしい」というサインです。赤ちゃんの世話に時間をとられがちですが、やらなければならないことを放っておいても、上の子どもの相手をすることが大事な時もあります。
上の子どもだけの、特別な時間というのも大切にしてめいっぱい甘えさせるのが唯一の解決方法です。上の子どもに「あなたのことも大好きよ」と言葉にしたり抱きしめてあげてください。
パパに協力してもらうのも良いですね。

こんな記事も読まれています