妊娠初期のママにパパが出来ること

1,452 views

ママが妊娠と判明。そのときのパパの気持ちはいかがですか?妊娠初期はママの気持ちも不安定です。ママの体は劇的な変化をしていきます。妊娠初期にパパがしてあげられること、一緒に考えてみましょう。

ママはつわりで大変

妊娠初期、ママが一番大変なのはつわりです。
一日中ムカムカしたり、ずっと眠かったり、また、空腹になると何かを食べないと気持ち悪くなったりと、その症状は様々です。
原因は様々ありますが、どうやら精神的なものも大きいようです。
そんな時、パパはどんなことがして上げられるでしょうか?

つわりでパパができること

見た目はまだ全く変わらないママですが、体の中は1日1日変化します。臨月になる時には、お腹はすいかのように大きくなるのですから、すごい変化遂げるのです。
眠くて寝てばかりのママに「また寝てるの?」とか食べづわりで何か食べないと気持ちの悪いママに「また食べてる」などと声をかけるのは禁物です。ママだって何とかしたいのですから。絶不調のままに、普段以上に思いやりをもって接してあげてください。

たばこ

妊娠と禁煙は切っても切れないものですね。
それまで、喫煙していたママも、禁煙を迫られます。そして、禁煙に踏み切ります。そうやってお腹の中の赤ちゃんを守るのです。
そんなとき、パパは何がして揚げられますか?

マナーに気をつけること

もちろん、たばこをやめてくれるのが一番望ましいですね。
なかなかやめられない人がいることも分かります。
でも、お腹の赤ちゃんは、パパの吸うたばこの煙でとても苦しんでいるとしたらどうでしょう。たばこの煙のニコチンと一酸化炭素はお腹の赤ちゃんを酸欠状態にします。栄養も不足します。このような状況が続いた時、赤ちゃんは小さく生まれてきたり、早産になったりする確立が、高くなってしまいます。
たばこの煙はママにとっても不快です。どうしてもやめることが出来ない場合はママの前での喫煙だけでもやめましょう。
お腹の赤ちゃんとママのために、禁煙できたら、パパの株も上がるのですが。

最後に

妊娠は嬉しいけど、なんだか今までどおりではないんだなってことが、パパにも分かったと思います。でも、そういった一つ一つの経験が、ママになる要素になったり、パパになる要素になったりするのではないかなと筆者は思います。
妊娠の時期も大変ですが、出産後はもっと大変です。でも、その分、大きな喜びが待っているのです。
どうぞ、ママとお腹の赤ちゃんのため、考えてみてくださいね。

こんな記事も読まれています