妊婦にドライフルーツはおススメ?栄養と注意すること

3,202 views

つわりで何も食べられないという妊婦さんいらっしゃると思います。私もそうでした。でも、そんな時に食べることが出来たのがドライフルーツでした。調べてみると、妊婦さんにもってこいのおやつだとか。私がハマったドライフルーツとその栄養、注意することなどご紹介します。

ドライフルーツとは?

その名のとおり、乾燥した果物の事ですが、水分を飛ばしただけのものなので、果物の持っている栄養価はさほど変わらなく、乾燥することで増えるものもあるようです。カサがへるので少ない量で効率的に栄養価を摂取できるようです。
ドライフルーツの主な栄養素は、カリウム、鉄、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、銅、リンなどで、貧血や冷え性に効果があると言われています。
また、食物繊維も豊富ですので便秘にも効果的です。
妊婦さんにはもってこいですね。

ちなみに私は妊娠の時に食べられるものを探していてドライフルーツにたどり着きました。フルーツの持つすっぱさが良かったのでしょうか。私がハマったドライフルーツをご紹介しますね。

いちご

私が一番最初にハマったのが、「いちご」でした。唯一食べることの出来た、フルーツグラノーラの中に入っているいちごを探して食べていましたね。その酸味が良かったのだと思います。
また、味のみならず、栄養価でもいちごは優れものです。
100g中のビタミンCはレモンを越えて50~100mgと豊富です。
食物繊維、ペクチン、クエン酸、リンゴ酸などが含まれているようです。
香りも良いので、つわり中の妊婦さんにも食べやすいかもしれませんね。
おやつにつまんだり、ヨーグルトにまぜたりしてもいいですね。

いちじく

これ美味しいのかな?と思って買ってみたのが「いちじく」でした。
なんとなく、体に良いイメージがあったんでしょうね。
食べてみるとなんとも美味しく、たんぽぽ茶と一緒におやつに食べていました。
食物繊維が沢山含まれていて、100g中10.9mg含まれているようです。しかも、ドライにすることで増えるようですね(生100g中1.9mg)便秘中の妊婦さんにはもってこいのドライフルーツです。
また、ビタミンB1、B2、C、カルシウムなども含まれているようです。
妊婦さんに必要な栄養素が入っているので、1日2粒程度、食べてみたらいかがでしょうか?

レーズン

元々、とてもレーズンが好きだったのですが、妊婦の時期も好んで食べていました。お茶請けとしてそのままポリポリ食べるのもあり、パンプキンサラダの具として食べるのも食べやすくてよかったです。
栄養素としては鉄分がプルーンの2倍で、100g中2.3mg含まれているほか、ミネラルも豊富です。カリウム、カルシウム、ホウ素、マグネシウムなど含まれています。
妊婦の時は鉄分がどうしても不足しがちになります。おやつに少量のレーズンを食べるのはいかがでしょうか?ヨーグルトに混ぜてもよいですね。

注意すること

栄養価もよく食べやすく美味しいドライフルーツですが、妊婦さんにとって気をつけて欲しい事が1つあります。
それは「食べ過ぎない」と言うことです。
妊娠している時は、とても太りやすいものです。特につわりがよくなってくる頃から(個人差はあります)食欲が出てしまうことがあります。そんな時に、体に良いからといって食べ過ぎるのは禁物です。1日に食べる量を決めて、「おやつ」として食べてみるのはいかがでしょうか?

こんな記事も読まれています