離乳食のかぼちゃ料理レシピを子供の月齢ごとにご紹介

1,121 views

自然な甘みで好きな人も多いかぼちゃ。甘みを生かしたメニューを作ると、野菜の嫌いな赤ちゃんでも食べてくれるのではないでしょうか?段階ごとのメニューをご紹介しますので、是非作ってみてください。

初期(5~6ヶ月) かぼちゃマッシュ

材料:かぼちゃ 15g
①かぼちゃはスプーンなどで種とわたをえぐりとる。皮をむいて、厚さ1cmくらいに小さく切る。
②鍋に①のかぼちゃを入れ、ひたひたの水を加えてゆでる。竹串が力を入れずにすっと通るくらいやわらかくなったら、火を止めかぼちゃを取り出す。ゆで汁は残しておく。
③温かいうちにすり鉢に移し、すりこ木でたたくようにつぶしてから、なめらかになるまですり潰す。
④②のゆで汁を少しずつ加えて、食べやすい硬さに伸ばす。
※かぼちゃの自然な甘みを生かしたメニューです。かぼちゃの種の周囲は繊維が多いので、テーブルスプーンなどでよくこそげ取るようにしましょう。

中期(7~8ヶ月) かぼちゃのミルク煮

材料:かぼちゃ 25g 水 1/4カップ 溶いた粉ミルク 大さじ1+1/3
①かぼちゃは皮をむき、スプーンなどで種とわたをえぐり取り、1cm角くらいに切る。
②鍋に①と水を入れて火にかけ、かぼちゃがやわらかくなるまで茹で、湯を捨てる。
③②にミルクを加え、かぼちゃが少し煮くずれるまで煮る。
※やわらかな甘みがミルクとマッチして美味しいですよ。

後期(9~11ヶ月) かぼちゃのバターソテー

材料:かぼちゃ 30g バター 小さじ1/4 塩 少々
①かぼちゃは、皮をむいて、スプーンなどで種とわたをえぐり取る。厚さ3mmくらいの小さないちょう切りにする。
②熱湯で①を2~3分茹で、水気を切る。
③フライパンにバターを溶かし、②のかぼちゃの両面を焼き、最後に塩少々で味付けをする。
※バターの香りがとてもよいので、誘われてついつい手が伸びるメニューです。

完了期(12~15ヶ月) かぼちゃ茶巾揚げ

材料:かぼちゃ 40g プロセスチーズ 5g 卵白(よく溶いたもの) 1/3個分 片栗粉 少々 揚げ油 適宜
①かぼちゃは、種とわたを取り、2cm角くらいに切る。プロセスチーズは小さい角切りにする。
②湯気の上がった蒸し器に①のかぼちゃを入れ、竹串がすーっと通るくらいまで(約10分)蒸す。
③ふきんに②のかぼちゃを1切れ置き、真ん中を軽くつぶし、①のチーズを少々のせる。ふきんで包んで茶巾の形を作る。ふきんをはずし、表面に卵白をつけて片栗粉をかるくまぶす。
④揚げ油を170度に熱して、③を入れ、カラリと揚げる。パセリなどを添えてもOK。
※ころんとした可愛い形で手づかみにもスプーンフォークの練習にもよいメニューです。ふきんのかわりにラップで代用してもよいですね。

まとめ

かぼちゃは煮てよし、つぶしてよし、裏ごししてよし、離乳食用の万能食材です。黄色が濃いほどカロチンが多くて、甘みも強いですよ。
また、冷凍かぼちゃを見ることがありますが、離乳食にも使えます。時間のないときなどのお助け食材ですね。適当な大きさにカットされているので、離乳食作りにも便利です。電子レンジで軽く加熱すると皮もむきやすいですよ。
甘いかぼちゃで体を強くしましょう。

こんな記事も読まれています