離乳食のほうれん草レシピを子供の月齢ごとにご紹介

622 views

ほうれん草はスーパーに年中並んでいる料理になりました。比較的手に入れやすく、栄養価も良いので是非離乳食に取り入れましょう。段階ごとのメニューを紹介しますので、参考にしてみてください。

初期(5~6ヶ月) ほうれん草のミルクスープ

材料:ほうれん草(葉先) 10g 溶いた粉ミルク 小さじ1 野菜スープ 小さじ1
①ほうれん草はよく洗い、熱湯に入れて、やややわらかめに茹でる。
②冷水につけて冷ましたら、水気を切る。
③包丁で縦横に細かく刻む。
④すり鉢に入れ、すりこ木でなめらかにすりつぶす。
⑤④に野菜スープとミルクを加え混ぜ、のばす。
※ほうれん草は繊維が多いので、ゆでて包丁で縦横に細かく刻んでから、すり潰したり裏ごししたりしましょう。
スープで伸ばして口当たりよく仕上げましょう。

中期(7~8ヶ月) ほうれん草入りマッシュポテト

材料:ほうれん草(葉先) 10g じゃがいも 25g 溶いた粉ミルク 小さじ1 バター 小さじ1/4
①ほうれん草はよく洗い、熱湯に入れて、やわらかめに茹で、水にさらす。
②①をみじん切りにする。じゃがいもは皮をむいて適当な大きさに切る。
③②のじゃがいもを水からやわらかくゆでて湯を切り、再び火にかけて余分な水分を蒸発させる。
④③をこし器に移して、テーブルスプーンの背を押し付けるようにして裏ごしする。
⑤鍋に④を入れ、ミルク、バターを加えて火にかけ、へらで混ぜながら、ぽってりとするまで練り、②のほうれん草を加え混ぜる。
※マッシュポテトにすると栄養たっぷりのほうれん草がまろやかに食べることが出来ます。

後期(9~11ヶ月) ほうれん草のごま和え

材料:ほうれん草(葉先) 15g すりごま 小さじ1/2 だし汁 小さじ1 砂糖・醤油 各少々
①ほうれん草はよく洗い、熱湯に入れて、やわらかめにゆでる。
②①を冷水につけて冷ましたら水気を切り、5mm巾に切る。
③すりごまにだし汁、砂糖、醤油を加えて混ぜ、そこに②を入れてあえる。
※ほうれん草は、鍋に沸かした熱湯に根元から入れてゆでる。ゆで上がりの目安は大人のおひたしよりやや柔らかめです。
ごまをプラスして栄養価がアップ。根元のほうは大人のおかずにしてもよいですね。

完了期(12~15ヶ月) ほうれん草と卵の炒めもの

材料:ほうれん草 20g 春雨(乾) 5g うずら卵 1個 サラダ油 小さじ1/4 醤油 少々
①ほうれん草は熱湯に入れてゆで、冷水につけて冷ます。春雨は熱湯でゆでて水気を切る。
②ほうれん草の水気を絞り、長さ1cmくらいに切る。春雨は長さ2cmくらいに切る。
③フライパンにサラダ油を熱して、溶いたうずら卵を入れ、箸でかき混ぜながら炒め、半熟くらいになったら、②の春雨を加える。さらに②のほうれん草を加えて炒める。
④醤油をたらして味付けをする。
※春雨が入ると中華風になります。完了期になるとやわらかくゆでたほうれん草の茎の部分も食べられるようになります。

まとめ

ほうれん草は根元が赤く、葉がピンと張っているものを選びましょう。また、新鮮なうちに調理しましょう。
ほうれん草の栄養は豊富です。カロチンやビタミンB1・B2・Cなどのビタミン類や鉄分、カリウム、カルシウムなどのミネラル分も豊富です。積極的に摂取しましょう。
また、余談ですが、ほうれん草を食べると、うんちの色も変化します。健康状態をチェックする為にも気をつけてみるようにしましょう。