0歳限定のはじめてのお年玉キャンペーンとは?

1,131 views

子供ができたら、通帳を作ってあげるのがおすすめです。

その理由は、子供名義の預金口座を作ってあげることで、子供のための貯金ができるから。

児童手当をはじめとして、子供名義の預金口座を作ると、いいことがいっぱい。

最近では0歳限定の「はじめてのお年玉キャンペーン」もあるようですよ。

口座を開設するだけで1000円をプレゼントしてくれるキャンペーンって、一体何なんでしょうか。



0歳から貯金するといい理由

大学入学が当たり前の現在、子供にもちゃんとした教育を受けさせてあげるためには、親が大学入学、進学のお金を用意しておいてあげたいものです。
ただ、それに必要になってくるのは、やはりお金。

0歳から貯金するといい理由は、子供名義の貯金・預金口座を作っておくことで、「教育資金」を貯めておいてあげることができるから。
例えば、0歳から貯めておけば大学入学まで「18年間」貯めることができます。一方、小学校入学の7歳から貯めていくと、「12年間」貯めることができて、6年間分の差がうまれます。

コツコツ、毎月貯めていくことで、1ヶ月の金額は少額であっても、大きな金額を残してあげられることになります。

【こんな例も】児童手当をゆうちょの口座に

0歳児から口座を作って、その口座に児童手当を貯めていくことができます。

児童手当は子供がもらえるお金です。もちろん、0歳児の段階で子供の口座がない場合は親の口座に振り込まれることになります。
ただ、それを子供のために使ってしまっては、結局は「残らないお金」になってしまいます。

そこで、0歳児から口座を作ってお金を貯めていくと、大学入学時に進学のお金として使うことができます。

・参考:いくら貯まる?児童手当で大学入学資金を貯金しよう!

「はじめてのお年玉キャンペーン」がすごかった♡

0歳児の人で口座を作りたいのなら、今はゆうちょ銀行の「はじめてのお年玉キャンペーン」に参加してみましょう。

これは、キャンペーン期間中に、新規で通常貯金口座を開設した人に、「もれなく」1000円がもらえるというもの。

方法は、口座を開設したら、専用の応募はがきに必要事項を記入して、郵送で応募するだけで、そこまで難しくありません。

条件は、開設時点で1歳未満である子どもがいること。

必要なものは、

・来店した人および子どもの本人確認書類 
・来店した人が口座名義人の子どもの親権者や法定代理人であることが確認できる書類 
・印章

の3つです。

確認書類は健康保険証、運転免許証、住民票などで、用意ができれば子供用の口座を作ることができます。

お金教育にも使えるかも!

例えば、小学生になった時に子どもに通帳を管理させてみてもいいかもしれません。おてつだいであげたお小遣いを自由に貯金してもらう通帳にすれば、「お金教育」に活用できたりもします。

もちろん、成人する時まで管理しておいて、貯めておいた貯金を結婚資金として渡すのもいいかもしれません。

色々な方法で使えそうです!

口座開設で1000円ゲット!

このキャンペーンは、期間限定です。2015年9月1日から11月30日までの期間が限定で、しかも0歳限定!この期間に産まれていて、0歳児ではないといけないです。

毎年しているとは限らないので、「ちょうど子ども名義の通帳を作りたかった!」と思うママは要チェックを。口座を開設するだけで1000円もらえるなら嬉しいですよね。

お年玉はもちろん、子ども用貯金をはじめたいのなら、この口座をきっかけにしたいところです。

こんな記事も読まれています