悩む!実両親、義両親の還暦祝い!どうすればいいの?

3,624 views

結婚した頃に訪れる実両親や義両親の還暦祝い。

どのようにすればいいのか迷いますよね。 どんなものなのか、なにが喜ばれるのかなどをまとめてみました。



還暦祝いとは

満60歳、数え年で61歳のお祝いです。
十干十二支が一回りした年ですね。
昔は60歳生きれば長寿でした。
しかし今は60歳は若いですよね。
お祝いの時期は誕生日にお祝いをすることが多いようですが、みんなで集まってお祝いをする場合はゴールデンウィークやお盆休みなどのみんなが集まりやすい時期にすることもあるようです。

赤いもの

還暦祝いと言えば赤いちゃんちゃんこや赤いずきんが有名ですね。
干支が一周し、赤ちゃんに戻るという意味と、赤魔よけの意味があるそうですよ。
赤いちゃんちゃんこや赤いずきん送り写真を撮るというのもいい記念になりますね。
しかし人によっては年寄り扱いされるのを嫌がる場合もあるようです。
そんな時は赤い物でちゃんちゃんことは違うものをプレゼントすることも多いみたいです。
母親だと真っ赤なバラや赤いアクセサリーを送るというのも喜ばれるみたいです。
父親だとプレゼントの定番はお酒ですね。
なかなか自分では買わない少し高価なものが喜ばれるようですよ。

ギフトカード、商品券、現金

現実的ですがかなり実用的ですよね。
両親へだと3万~5万円くらいが相場みたいですよ。
他のきょうだいとも相談して決めたいですね。
現金の場合はきちんとご祝儀袋に入れて渡しましょう。
水引は蝶結びで色は紅白、表書きは祝還暦、還暦御祝い、寿還暦、御祝などです。

旅行

旅行券をあげる場合や一緒に旅行に行く場合とあるみたいです。
ちょうど60歳と言えば定年退職を迎える方も多いですよね。
家族みんなで旅行に行ったり両親2人っきりで旅行に行ってもらったりと色々みたいですよ。
家族旅行の場合は人数も多くなるので早めに決めておきたいですね。
またお祝いなので両親に負担をかけないように自分たちできちんと計画をたてましょう。

食事会

還暦祝いに食事会を開くという人も多いですね。
お祝いなので両親の好みの食事に行きたいですね。
普段よりも少し良いレストランや料亭で行うことも多いですよ。
家族総出で食事会だと人数も多くなりますね。
またちょうど自分たちも小さな子供がいる場合も多いと思います。
その時に気兼ねなくお祝いできるように個室などを予約できるといいと思います。

こんな記事も読まれています



シェア