心のこもった結婚式招待状の作り方

2,472 views

お2人が新たな門出を、招待者に感謝する結婚式・パーティ。最近は堅苦しい指揮や披露宴よりも、ハウスウェディングや立食形式のパーティも増えていますが、案内する招待状づくりは、早めに準備しましょう。特にパソコンが普及し、手作りされる方も増えています。私もたくさんの式・パーティに招かれましたが、招待状まで力を入れていたカップルは、その後も幸せな家庭を築けていることが多いです。面倒がらずに招待状に一工夫してみましょう。

招待状は重要 ~ 夫婦2人の最初の仕事として評価される

まず、結婚式は、感謝の場であるということ。新たな人生に踏み出す2人で、招待させていただき、出席してきただくたくさんの友人、親戚の皆さんに心をこめて感謝をする場です。
1年、ときには2年も前から準備をしますし、招待者のリスト・席次も作らないといけません。
どうしても後回しになってしまう招待状。しかし重要です。
2人の感謝、とくに影が薄いのが新郎となる彼の存在と、彼からの感謝の気持ちをはっきりさせた招待状は、本当に気持ちのよいものです。
だいたい男性は面倒なことが苦手ですが、ぜひお尻をたたいて、素敵な2人の気持ちのこもった招待状にしてください。

ゲストが主役だということ ~ さりげなく感謝も

招待状も、当日も、主役はゲストであるということ。
私も招かれることが多かったのですが、どうも勘違いしているカップルもいて、自分たちの自己満足や、料理の悪さなど、後味の悪いものが残ったこともありました。会費形式の実行委員にも何度となくなりましたが、当人たちと、なかなか折りあいが悪くて大変だったこともあります。
結婚式については他サイトに譲り、ここではゲストが主役の招待状のテキストやデザインを一向したいと思います。
ひとつは、「感謝」。2人が、両親はもちろん、周りの友人らの支えでここまでたどり着けたことをさりげなく書きます。「みなさんに支えられて、今日を迎えることができました」くらいサラッとした文がよいですね。
2つ目は招待者が主役。「私たちを励ましてやってください」という、へりくだった謙譲の表現が含まれると心地よいですね。
3つ目は主催者の決意。新たな家庭を築くこと、いっそう社会に貢献していくこと、恩返しすることを表記すれば、招待者もうれしいですね。
添えるイラストやデザインも、2人だけの似顔絵は避け、幸せを運ぶ鳥や、四つ葉のクローバーなどの小さいものにしましょう。

一言でも手書きメッセージで

招待状の発送は、遅くとも3ヶ月前までには済ませたいもの。
とくに5月のGW明け、10月11月の季節のよいときには、重なったりして困ることもありました。逆にジューンブライド、6月の花嫁さんは、言葉はステキですが、これは梅雨のない欧州、アメリカの風習で日本では梅雨の雨で嫌われぎみですね。
さて、早めに出したい招待状。しかし、パソコンだけではさびしい。ぜひ手書きのメッセージを添えてください。
恩師には「先生お元気ですか、クラスメートも来てにぎやかになりますよ」、赤ちゃんが先に生まれた友人夫婦には「私たちのところにも赤ちゃんがやってきますように」などなど。
もちろん、夫側の友人たちにも、一言メッセージを。これは彼氏に書いていただきたいのですが、どうしても書かない彼には、せめて名前「●男」だけでも手書きで。

ちょっとしたアクセント

ちょっとしたアクセントは、印象に残る結婚式のプロローグ。招待客が「寿」の封筒を受け取ったときから結婚式が始まるといっても過言ではありません。
さてそのアクセントは、市販の招待状からヒントを得ましょう。
私がびっくりしたのは、「飛び出す仕掛け」の手作り。ペット好きの友人でしたが、招待状を開くと見開きで、かわいいワンコが飛び出してきました。
いわゆる「でき婚」「授かり婚」のカップルからは、ご両親や友人、そして生まれてくる赤ちゃんのたくさんの顔がイラストで書かれていました。
ちょっとしたワンポイントですね。ただ、注意も必要です。折鶴が同封されていたのもよかったとそのときは思いましたが、病気の回復のシンボルだよと主人に言われて、ちょっとげんなりしたこともありましたよ。

会場名は正確に ~ 必要情報はミスが命取り

最後に、招待状で欠かせない、時間と場所。何度も点検してくださいね。
とくに会場名と電話番号は要注意。実際に私は、招待状のホテル名を頼りに行ったら、よく似た系列のホテルだったことがあり焦りました。主人は、招待状に挟み込まれていたホテルの地図が古いもので、エントランスが大通りをはさんだ反対側だったこともあったそうです。
電話番号は数字の羅列ですので、打ち込む際にはミスも出ます。WEBで公式サイトも見て何回も確認してもしすぎることはありません。
もちろん開演時間、日にちは間違えることはめったにないとは思いますが、気をつけてくださいね。
びっくりしたのは「出席」で返事をしたハガキが、戻ってきたこと。本人たちが転居しちゃったのですが、郵便局に届出を出さずにアパートを退出して、そのアパートが取り壊されたとのこと。
出欠連絡の宛名も要注意ですよ。
楽しいゲスト主役の結婚式・パーティにしてくださいね。

こんな記事も読まれています