赤ちゃんに靴下は必要?靴下の基礎知識

1,531 views

赤ちゃんに靴下はいつから履かせたら良いのか?お部屋の中でも履かせるものなのか?悩みますよね。また少し大きくなると勝手に靴下が脱げていたり靴下を脱いでしまう子がいたりして気付いたら片方無かったなんて経験をされているママも数多くいると思います。ここでは靴下についてのあれこれをまとめてみました。

靴下の役割とは

靴下の役割は寒い時期に外出するときの冷え防止もありますが、歩き始めたばかりの子はまだ足の皮膚が柔らかいこともあり靴との摩擦で靴擦れを起こすのでこの靴擦れ防止の為にも靴下を履くのはポイントです。

靴下はいつから履かせるのがベスト?

靴下をいつから履かせたら良いのか?悩み所ですが、一応靴下は新生児サイズから販売はしているようですが秋や冬に生まれた赤ちゃんが靴下を使用するとしたら病院退院の日や1ヶ月検診で外に出るとき位だと思います。なので必要であれば新生児サイズのものは1つあれば充分だと思います。また必ずいつから履かせなければならないといった決まりのようなものもありません。

冬場の室内での靴下は?

冬場の室内での靴下は履かせたら良いのか?迷う所ですが室内の温度が23度前後に保たれていれば靴下は必要ないです。私も子育て中義母に言われたことがあるのですが「頭寒足熱」と言って足を温めた方が良いと言う意味らしいのですが、赤ちゃんはまだ体温調節が出来ないので足の裏から汗をかいたりして熱を放出している為に靴下を履かしてしまうと温まり過ぎて脱水症状を引き起こす可能性も高くなる為に靴下は必要ないです。

靴下が脱げてしまわないようにする為には

赤ちゃんに靴下を履かせて出かけて帰ってくると片方無くなっていたりなんてことはみなさん一度は経験していると思いますが、赤ちゃんの足はむっちむちなので締め付けないように作られているのもあって脱げやすいのも仕方ないのですが赤ちゃんが足の裏で熱を放出することもあり、この時期に一番向いているのはレッグウォーマーを靴下が落ちないように履かせるかレッグウォーマー単品で使用しても良いと思います。

まとめ

もしかしたら私のように義母などに「頭寒足熱」だから、足には靴下を履かせて暖めないといけないだなんて言われてしまうママもいるかと思いますがそんなことを言われたら上記で述べたように赤ちゃんはまだ体温調節が出来ず足の裏からの汗で熱を放出している為にお部屋の温度が適切であれば靴下は必要ないことなど正しい知識を教えてあげましょうね。

こんな記事も読まれています