大丈夫?もしかして二人目不妊・・・

1,489 views
Woman looking at pregnancy test

1人目の妊娠・出産を無事にすませ、そろそろ次の子を・・・と思っていても、なかなかできない。

それはもしかしたら二人目不妊かもしれません。

子供の年の差や、ママの年齢の問題も出てくる二人目。

問題を解決し、家族の明るい計画を立てていきましょう。



二人目不妊って?

二人目不妊とはその名の通り、1度目の妊娠出産には何にも問題なかったのに、二人目の妊娠がなかなか実らない状況のことをさします。
一人目の時に、問題がなかっただけに、二人目不妊は気付きにくく、病院への受診が遅くなってしまうこともあります。
もちろん妊娠にはタイミングもありますので、二人目ができないだけ不妊に結びつける必要はありませんが、可能性としてそういう問題があるということを頭に入れておきましょう。
また二人目不妊には、流産の有無は全く関係ありません。

二人目不妊の原因

二人目不妊になってしまう原因としては、
・前回の出産時の出血や感染症の影響
・ホルモンバランスの乱れ
・加齢
・もともとの不妊体質だった
ということがあげられます。
一人目の分娩時で、産後の回復が悪かったり、子宮環境が悪くなったりとなんらかの問題を抱えてしまっていることも考えられます。
加齢やホルモンバランスの乱れで、妊娠をしにくい体質になっている可能性もあります。
また一人目の出産自体が、幸運だったということも考えられるのです。
生活環境やストレスによっても、体の変化は引き起こされてしまうのです。

病院を受診する目安

二人目不妊の原因も、男女ともに問題を抱えている可能性があり、どちらの問題かは検査をしなくてはわかりません。
不妊期間は、前回の出産後の授乳期間が終わってからとなります。
不妊は1年間避妊のない夫婦生活を継続しているにも関わらず、妊娠しない状況をさしますので、授乳終了後1年を目処に病院を受診するようにしましょう。
しかし二人目になると、ママの年齢や、上の子との年の差などの家族計画もありますので、気になる方は早めに受診されてもいいでしょう。

治療法

まずは不妊の原因が男女どちらで、どこに問題があるかを検査するようになります。
その後不妊の原因に合わせた治療が始まっていきます。
治療法としては全不妊と同じ治療法が用いられます。
体外受精などの選択肢もありますが、費用面・体調面・精神面と負担が大きくのしかかるのも事実です。
家族で話し合いながら、適切な治療を進めていきましょう。

自分でできる改善法

まずは最初の妊娠と同様に、妊娠しやすい体作りが必要になります。
ストレスを溜めず、規則正しい生活を送りながら、バランスの取れた食生活を心がけましょう。
これは男女ともに必要なことでもあるので、夫婦二人で実践していきましょう。
また不妊治療がうまく進まずにストレスを抱えてしまうのもよくありません。
今いる子供との生活を前向きに捉え、楽しい家庭環境を作るのも大切なことです。

こんな記事も読まれています