梅雨時期から冬までの赤ちゃんに最適な室温と湿度のまとめ

1,695 views

赤ちゃんの肌はとってもデリケートなので湿度の管理は実は室温の管理と同じ位大事なんですが、みなさん赤ちゃんに最適な室温や湿度ってご存知ですか?赤ちゃんに最適な室温と湿度を梅雨時期から夏場・冬場に分けてご紹介します。是非参考になさってみてくださいね。

梅雨時期から夏の最適な湿度と対策法

この時期の赤ちゃんへ最適な湿度は40%から60%です。梅雨時期は一気に湿度が高くなるのでエアコンの除湿機能を使うのが一番手っ取り早い方法ですよね。除湿機能を上手く利用すると、初夏の暑さ程度なら除湿だけで過ごせます。ここで湿度計の置く高さの注意点です。よく大人の背の高さ程の場所や目の高さ程の位置に掛けたりしますが、赤ちゃんは立ったとしても大人よりもずっと床に近い場所にいるので出来る限り床に近い場所に湿度計や温度計は掛けたら赤ちゃんが最適な温度や湿度の環境に最も近い状況に出来ると思います。

梅雨時期から夏の最適な室温

体温調節がまだ未熟な赤ちゃんには室温の調節も大事です。赤ちゃんへの最適な室温は26度から28度と言われていますが、外気の気温との温度差を5度以内で設定しましょう。また温度計の置く場所も赤ちゃんのいる場所付近に設置しましょう。冷たい空気は下に溜まる性質があることから床に近い所にいる赤ちゃんは大人よりも寒いと感じている事があるので時々手や足等を触ってチェックしてあげましょう。また赤ちゃんの体に直にエアコンや扇風機の風が当たらないようにしましょう。

冬場の湿度の対策方法

冬場の湿度も40%から60%です。冬場は寒さが増してくると空気の乾燥も増してきます。お部屋の乾燥が酷いと赤ちゃんのデリケートなお肌がカサカサになってしまう他に空気中のウイルスも活発化してしまい風邪の原因を引き起こしてしまいますので、加湿器などでの加湿は必須になります。加湿器が無い場合は、洗濯物を部屋干しすることや濡らしたタオルをハンガーに掛けておく等でも代用出来ます!

冬場の最適な室温

冬場の適温は20度から23度です。赤ちゃんは代謝が良い為に冬場でも結構汗をかいています。背中や脇の下など汗をかいてないか?マメにチェックしてあげてください。汗で濡れた衣類を着ていると風邪の原因にもなります。また暖房等の暖かい風が赤ちゃんに直接あたらないようにも気をつけてください。また寒いからと窓を閉めっきりでいたりするのはNGです。2・3時間起きには空気の入れ替えをして換気しましょう。

まとめ

赤ちゃんが快適に過ごせるお部屋の環境作りは体温調節が未熟なこの時期にはとっても大事なので、その季節にあった快適な室温と湿度を保ってあげてくださいね。また大人が快適だと思っても必ずしも赤ちゃんも快適とは言えません。エアコンや暖房をつけた時には必ず赤ちゃんの寝ている場所やいる場所に出来れば横になって風が直接あたっていないか?寒すぎないか?暑すぎないか?確かめると確実で良いですね!お部屋を快適に保つことは、赤ちゃんの健康管理にも繋がります。季節にあった適切な室温と湿度を保って赤ちゃんと快適に過ごしてくださいね。

こんな記事も読まれています