【節約】クレジットカードを上手に利用して得しちゃおう!

1,419 views

消費税が上がれば、その分また節約しなきゃ……でも、何かと避けられない出費が多くて、できるわけなーい!と悲鳴を上げている人も多いハズ。そんなアナタに強い味方となってくれるのが、「クレジットカード」です。カードは、上手に賢く使えば大きな節約につながることを、ご存じですか? 使いながら得する方法を身につけて、自分のお金をしっかり管理しましょう。



まずは使うカードを選ぼう

カードを選ぶときに重要となるのが、「還元率」です。
いくらの利用で何ポイントつくか、1ポイントにどれだけの価値があるかは、カードによって大きく違います。ポイントがたくさんつくからいい、とは言い切れないので、きちんと還元率を計算してポイントの価値を知ることが大切です。例えば100円で1ポイントたまり、1ポイントが1円として使えるなら還元率は1%。還元率が高いカードを使えば、戻ってくる額も多くなるわけですね。ただし、ポイントの利用方法が限られている場合も多いですので、自分に合った利用ができるかどうかも、カードを選ぶときはチェックしておきましょう。
また、複数のカードを持つのではなく1枚に集約して使うと、ポイントも貯まるしお財布もスッキリになって便利です♪

買うタイミングを知ろう

カード会員向けのお得なサービスもたくさんあります。カードを持っているだけで優待が受けられたり、保険が付帯されていたり、割引になったり。
その中でも注目したいのが、ポイントアップキャンペーンです。ネットショップや、特定のカードを発行しているスーパーなどでは、ポイントが数倍にアップするキャンペーンを実施している場合があります。そんな日にまとめ買いする習慣をつけておけば、ますますポイントが貯まること間違いなし。
カード払いは1回、2回、ボーナス一括払いなら手数料はかからないので、いずれかを選ぶのが基本です。高い金利で手数料のかかるリボ払いは、絶対にやめましょう。

固定費をカード払いにしよう

カードを1枚にまとめるのと同じように、月々の支払いもまとめてしまいましょう。今すでにある確実な支出、それは固定費です。毎月の固定費をカード払いにする方法は、ポイントを貯めるための利用額も格段に上がりますし、カードを持ち歩くわけではないので使いすぎが心配という方にもオススメです。
公共料金(水道光熱費など)、通信費、車関連費(ガソリンやETCなど)、生命保険料、場合によっては家賃や医療費なども支払いできます。
手続きが面倒…と思われるかもしれませんが、一度だけ重い腰を上げさえすれば、あとはほったらかし。これほどラクな節約法はありません。カードをお持ちなら、すぐにでもやってしまった方がいいですよ!

電子マネーもカードでチャージ!

nanacoやEdyなど、コンビニでよく使う電子マネーも、クレジットカードでチャージできることをご存じでしたか?この電子マネーのポイントも、小さな金額と思われるかもしれませんが使う場面が多いからこそ、小まめに貯めておきたいものです。ひと月の利用額を決めてカードでチャージしておけば、電子マネーとカード両方のポイントを二重取りできてしまう上に、ムダ遣いだって防げちゃうかもしれません。
また、税金などをコンビニで支払う場合も、電子マネーにポイントはつきませんがカードポイントが稼げます。支払いが大きな金額になる場合もあるので、ぜひ活用していただきたいですね。
ただし最近では、チャージの場合のポイント還元率をカード会社が低めに変更しているようですので、ご注意を。

使いすぎを防ぐためには

便利なクレジットカードですが、使いすぎには要注意です。いざ引き落としになってみたら、お金が足りずに残高不足……なんてことが続いてしまうと、カードの利用停止や強制解約といった事態にもなりかねません。
そうならないためのポイントは、カード払いと現金を合わせて1カ月分の収入範囲内で収まるようにすること。カードで払った分は、すぐに現金を振り分けておきましょう。「月2万円まで」「固定費のみ」といった自分のルールを決めておくことも大切です。また、使いすぎだけでなく盗難や紛失のリスクを避けるためにも、毎月の利用明細は必ずチェックしてくださいね。
ほんのひと手間かけることでカードを上手に利用して、節約ライフを楽しみましょう!

こんな記事も読まれています