祝1歳!赤ちゃんの様子や成長のポイント

1,435 views

赤ちゃんが生まれ、長いようで短い1年間を過ごし、1歳の誕生日を迎えます。

生まれてから、たくさんの成長や喜びを与えてくれる赤ちゃん。

そんな赤ちゃんの発育や生活のポイントなど、まとめてみました。

赤ちゃんの成長を楽しみに参考にしてください



身長・体重

1歳になった赤ちゃんの平均体重・身長は
男の子 7.73~11.18kg 69.5~78.9cm
女の子 7.14~10.45kg 68.5~77.0cm

体は引き締まり、腕や足は長くほっそりしてきたので、体型的にも赤ちゃんから幼児へと近づいてきています。
この頃から、赤ちゃん同士の体型に個人差が出るようになり、背の高い子、低い子がはっきりしてきます。

言葉の発育

ママやパパの話していることを少しずつ理解できるようになっていきます。
ママの簡単な問いかけや質問に指差しや行動などで答えることができるようになっていきます。
ママの言葉に反応し、嬉しい表情を浮かべたりするようになります。
自分の言葉ではまだ話すことはできませんが、少しずつ言葉に近い音を発するようにもなっていきます。
赤ちゃんが言葉を発するまであと一歩です。
ママやパパが優しく話しかけたりコミュニケーションをとることで、言葉を覚えようと頑張っています。
たくさんの言葉を赤ちゃんに投げかけてあげましょう。

体の発育

1歳になる頃には伝い歩きをする子も増え、中には自立して少しずつ歩ける子も出てきます。
まだ体のバランスをとるのが難しく、転倒して頭や体をぶつけてしまうこともあるので、注意してあげましょう。
指先の作業もだいぶ高度なことができるようになります。
指先を動かすことは、脳にいい刺激を与えてくれるので、ママやパパも一緒になって指先を動かす練習をしてみましょう。

毎日の生活

離乳食が3回食に進み、お昼寝の時間や回数が減ってきたことで、1日の生活リズムが整うようになっていきます。
夜中の授乳がなくなり、夜から朝にかけてぐっすり眠ることができるようになっていきます。
動いたり、音がしたりするものに興味を持つようになります。
好きなおもちゃで何度も繰り返し遊んだり、同じ絵本を何度も読んでほしいとお願いしたり、気に入ったものを何度となく繰り返すようになります。
ママにとっては大変な時期かもしれませんが、これも成長と思い赤ちゃんに付き合ってあげましょう。

生活の注意点

この頃の赤ちゃんは伝い歩きや、歩き始めることで行動範囲がかなり広がっていきます。
今までのハイハイ時期に比べて、上の棚のものにも手が届いたり、引き出しを開けたりと興味や関心があるものが増えていきます。
また、ママやパパが触っていたものに興味を持ち、行動を真似することも増えてきます。
触られたくないものや、危険なものは赤ちゃんの手の届かないところにしまうか、引き出しや棚に直しベビーガードをつけておきましょう。

こんな記事も読まれています