大切な絵本、捨てちゃう前に!ステキに残せるアイディア5つ

2,114 views

眠る前、毎晩のように読んでいた絵本。ずっと大切にしてきた絵本。思い出がたくさん詰まった絵本は、そのまま残しておきたいけれど……そうもいかないですよね。でもリサイクルで処分する前に、ちょっと待ってください!古い絵本だって、アイディアひとつで可愛い小物やインテリアに変身させることができるんです。



レターセットやカードに

市販の封筒の裏側に、切り抜いた絵本のページを貼りつけるだけで、真っ白い封筒が大変身!受け取った人も、封筒を開いただけできっと笑顔になれるハズ。

絵本のしっかりとした頑丈な紙質は、カードとしても大活躍。ちょっと厚手の台紙に絵本の一部をペタリと貼れば、素敵なメッセージカードになります。メッセージと絵本の世界が重なれば、伝えたい思いがしっかりと相手に届いてくれそうですね♪

本のしおりに

絵本が大好きな子は、きっと成長に合わせていろいろな本と出会うことでしょう。そのお供として、思い出の絵本をしおりとして寄り添わせてあげませんか。
切り抜いてそのまま厚紙に貼ったり、ラミネート加工したり。上に穴を開けてリボンを通すだけで、簡単にしおりの出来上がりです。エルマーやはらぺこあおむしなど、カラフルなものはパッと見た目が華やかになりますね。大好きなキャラクターと一緒なら、ますます本が好きになるかもしれません。

ランチョンマットに

子どもってご飯の時でもお菓子の時でも、テーブルをすぐ汚しちゃうので、防水加工されたランチョンマットは必須なんですよね。
絵本の好きなページをラミネートして、角を丸く切ってあげると、それだけで可愛いマットの出来上がりです。四隅に穴を開けてフリンジをつけたり、周りをマスキングしたり、工夫次第でオシャレ度も増すこのマット。たくさん作って、誕生日のパーティなどで使うと子どもたちも大喜びですね!

壁のインテリアに

絵本のワンシーンって、大人になってもずっと心に残るものが多いです。話と絵の絶妙なバランスが、ぐっと心に響くんでしょうか。
そんなシーンを切りとってフレームに入れて、壁に飾ればちょっとしたアート感覚で楽しむことができます。たくさんあって選べない、という人は、フレームに入れなくてもそのまま並べて貼ってみてください。POPで可愛い感じに飾れますよ。
壁の絵が目に入るたびに、絵本の世界へと入り込んでしまうかもしれませんね。

デコシールに

好きな場面、好きなキャラを切り抜いて、シンプルな手帳やノートのデコシールとして使う方法もあります。
私は、アルバムに貼るのがオススメ。子どもが絵本を読んでいる写真の横に貼ってあげれば、どんな本を読んでいたのか一目で分かります。まるで絵本からキャラクターが飛び出してきたみたいで、とても可愛く楽しい思い出として残りますよ。
切り抜くときは、少しだけ大きめに切ってあげるとオシャレな感じに仕上がりますので
ぜひ試してみてください!

こんな記事も読まれています