子どもの写真をスマホで上手に撮るコツ

1,228 views

子どもの写真を撮るときに大切なことは、シャッターチャンスを逃さないこと。

重たい一眼レフを常に持ち歩くのは大変だけれど、スマホならそれが可能ですよね。

一緒に遊んだり、ご飯を食べたり、買物をしたり……子どもと過ごす何でもない日常を、上手に切り取ってみませんか?



「HDR」を使ってみよう

「HDR」ってご存知ですか?
最近のiPhoneやAndroid端末には標準で備わっているんですが、知らない方も多いのでは。
晴れた時に写真を撮ると、明るすぎて白とびしたり、影は真っ黒だったりということがありますよね。
HDRは撮影する時に明るいところ中心、暗いところ中心といった複数の写真を同時撮影して、合成した写真を作ってくれるという、優れた機能なのです。そのため、人間の目で見たような自然な明るさの写真を撮ることができます。
ただし、複数の写真を撮るため、写真がブレやすくなったり、容量が大きくとられてしまうなどのデメリットもありますのでご用心。

構図を変えてみよう

カメラでは撮れない、スマホならではの構図で撮ってみましょう。
たとえば、スマホを地面に置いてみると、地面スレスレから見たダイナミックな写真を撮ることができます。
アングルが変わるだけで、同じものでもまったく違う写真になったりするんです。
普通に立って撮影した時とは違う、独特の世界観や躍動感を感じられる1枚を、ゼヒ撮ってみてくださいね。

インカメラを楽しもう

スマホといえば、最近の流行は「自撮り」。
長い自撮り棒を使って撮影している姿をよく見かけますが、もうひとつ、インカメラの存在を忘れてはいけません。
インカメラを使えば、液晶に自分の顔が映り込むので、子どもはそれだけで大喜びです。
変顔してみたり、にっこり笑顔を作ってみたり、ドアップになってみたり。パパやママも一緒に遊びながら、写真を撮ってみるといいかもしれませんね。

アプリを活用しよう

普通のカメラでは到底できない、加工や補正をし放題なのがスマホの魅力。
スマホ写真の醍醐味は、このアプリをいかに活用できるか、にかかっているといっても過言ではないかもしれません。
アプリを使って合成写真を作ったり、色調補正で独特の世界にしてみたり、加工してSNSでアップしたり。使い方は、無限にあります。
用途に合わせて、いろいろなアプリを使いこなせるようになれば、スマホ撮影はもっと楽しくなること間違いなしです!

とにかくたくさん撮ろう!

子どもの写真は、動きが予測しづらいために上手く撮るのは難しいもの。
でも何枚撮っても、フィルム写真のようなコストがかからないのが、いいところです。
とにかくたくさん、どんどん撮ってみましょう。タイミングが合わなかった時こそ、ベストショットが撮れていることだってあります。
撮れば撮るほど、失敗すればするほど、カメラの腕も自然と上がっていくというものです。
連射機能のついているスマホなら、連射モードを使ってもいいですね。
思わぬ瞬間を逃がさず撮ることができるかも?
「それ、スマホで撮ったの?」と驚かれるような1枚を目指して頑張りましょう!

こんな記事も読まれています



シェア