ベビードレスの選び方と使い方。退院時だけじゃもったいない!

5,325 views

退院する時って、赤ちゃんにベビードレスを着せなきゃダメかな?

ベビードレスって、買わなきゃダメなのかな?レンタルでもいい?

出産前のプレママさんたちが、一度は悩むところだと思います。

私も悩みに悩んで……3人目の娘が産まれる2週間前に、とうとう買っちゃいました。

決して安くはありませんが、いろいろ使い回したので「買ってよかった!」と思っています。

そこで実際に、私が娘に購入したベビードレスを例として、選んだポイントと使い方をご紹介してみますね。



別々でセットのものが便利

ベビードレスには、ベビードレスとカバードレスが一体型のものと、セパレートになっているものがあります。
別々に分かれている場合は、ベビードレスがツーウェイオールになっているものが多いです。3カ月ごろからは、股下のスナップを止めて、カバーオールとして着用できるようになっています。
これだと、後々の着回しがとても便利なんですね。
退院時、カバードレスまで着けると新生児には重すぎる気がしたので、私はベビードレスのみを着用させました。あまり派手すぎず、ちょうどいい感じでしたよ♪

お宮参りの祝い着との相性

お宮参りの時もベビードレスを着せることになると思いますが、実際お参りをする時は、赤ちゃんの上から祝い着をかけるのが一般的です。
となると、着物の下のベビードレスは、ほとんど見えないんですよね。
なので、ドレスと一緒に被せる帽子のデザインも大事です。
大きすぎたり、フリルが広すぎたりすると、せっかくの赤ちゃんの顔が隠れてしまいます。

私はもう一つ、襟のデザインにもこだわりました。
祝い着やおくるみの中の赤ちゃんをカメラで撮った時、襟元が可愛いとそれだけで華やかな感じになるんですよ。選ぶときは、ぜひチェックしてみてください。

オーガニックコットン

素材としても、やっぱり赤ちゃんに優しくて安心なものがいい。
そう考えたら、オーガニックコットンという選択になりました。
優しい肌触りは、デリケートな赤ちゃんにピッタリ。ゴワゴワしていないので、装飾がついていても嫌がることがありません。
そして何より良かったのは、真っ白でない生成りの色が、肌の色にピッタリ合うんです!
うちの子は産まれた時から黄疸がひどく、1ヶ月ほど色黒だったので心配していましたが、ちょうどいい具合にドレスと馴染んで映えました。
ドレス生地と、レースやローズとの色合いも、とても気に入っています。

何度も記念撮影

お宮参り、お食い初めなど、赤ちゃんにとって節目の機会は意外と多いもので、そのたびに活躍してくれるのが、ベビードレスです。
また、セパレートの場合だとツーウェイオールを普段着としての利用できますが、ちょっとしたお披露目や検診時などでは、その1枚だけで十分に役割をはたしてくれます。

そんな節目の折には、誰しも記念写真を撮ると思いますが、ここでオススメしたいのは、毎月の記念撮影です。
例えば5日生まれなら、毎月5日にベビードレスを着て写真を撮ります。もちろん、ご自宅で結構です。
すると、最初はブカブカだったドレスがだんだんフィットするようになり、赤ちゃんが成長していく過程がハッキリと分かるんですよ。とてもいい記念になりますので、ぜひともチャレンジしてみてください。

気に入った1着を

選びに選び抜いて、あまりに気に入った1着だったので、私は娘のハーフバースデイにこのベビードレスを着せて、スタジオ写真まで撮ってもらっちゃいました。
大手スタジオさんの中には、ハーフバースデイや生後百日の赤ちゃんに限定で撮影料が安くなる場合もありますので、そういったフェアの時がオススメです。

将来、娘が大きくなって結婚して出産して……その時に、この写真とドレスを一緒に手渡すことができたらいいなあ、という夢まで生まれました。
皆さんもお気に入りのベビードレス、見つけてみてはいかがでしょうか。

こんな記事も読まれています