離乳食初期にオススメの時短ストックメニュー5選

2,989 views

離乳食がはじまると、ママのお仕事が増えてとても大変ですよね。毎回作るには最初の頃は量がとても少ないです。なので、沢山まとめて作って冷凍しておきましょう!冷凍したものは1週間を目安に使い切るようにしましょう。

コーンスープ

こちらは、市販のコーンクリーム缶を使用します。そのままでは、皮なども一緒に入っているので、裏ごししてあげましょう。そしてはじめは、少しのお湯でのばしてあげると、すぐにコーンポタージュスープの完成です。作ったものは、製氷皿に入れて冷凍します。冷凍できたら、氷状のものを全て取り出し、ジップロックに保存すればokです!とっても簡単な離乳食メニューですよ。是非お試しください!

さつまいものペースト(かぼちゃもOK)

さつまいもは皮をむきます。そして適当な大きさに切ったらシリコンスチーマーに入れてレンジでチン。柔らかくなっていたら、こちらもジップロックにいれ、ジップロックの上から手で食材を潰してしまいます!そして、さらに上から綿棒で細かくします。ドロドロになったら、ジップロックの上から1回分に折れるように格子状に線をつけます。そしたら、そのまま冷凍!使うときは器に1回分をいれ、解凍。さらにお湯でのばして完成です!月齢が上がるごとに、お湯の量を減らし、固さをかえてあげましょう!

ホウレンソウのペースト

ほうれん草は葉先をキッチンばさみで適当な大きさにカット。できるだけ細かくしましょう。こちらもシリコンスチーマーに入れ、レンジでチンします。このままだと赤ちゃんは食べるのが苦手なので、ベヒーフードの粉末だしを少量加え混ぜ合わせます。そして、すり鉢でさらに細かくします。そうしましたら、こちらもジップロックにいれます。1回分を折れるように格子状に線をつけ冷凍します。食べるときはこちらもお湯でのばしながらあげましょう。

10倍粥

まずは、10倍粥を赤ちゃんにあげてみましょう!電子レンジで作る方法もありますが、やっぱりお鍋で一気に作った方がご飯が、柔らかくなり赤ちゃんはさももりもり食べてくれますよ。こちらでは、炊いたご飯から作る方法を紹介します。ご飯1:水5の割合で作ります。最初は弱火で蓋なしで沸騰させます。沸騰してきたら蓋をしてぐつぐつ。水分がなくなってきたら火を止め蓋をしたまま10分ほど待ちます。終わったら裏ごしか、すり鉢ですり潰します。こちらも製氷皿にいれて冷凍すればok!

パン粥

6枚切りの食パン1枚
水200ml
ます、食パンは耳を取り除き柔らかい部分だけ使用します。小鍋に水を入れ、細かくちぎったパンを入れます。弱火で煮込みます。このとき、とにかくたくさんへらではかき混ぜます。そうすると、パンはとろとろになり、裏ごしなども必要なくあげることができます。パンがらとろとろになったら完成です。こちらは、あげるときに少し粉ミルクを混ぜるとミルクパン粥になりますよ。是非作ってみてください。

こんな記事も読まれています