ピジョンの植樹活動はしておかないと損♡産まれたらすぐに登録!

6,475 views

赤ちゃんが産まれたら、記念樹を植えたいもの。

そんな憧れを抱いていても、賃貸生活だったり、マンションだったりすると、その夢がかなわないことだってあります。

でも、大丈夫。ピジョンの植樹活動に参加すれば、無料で記念樹を植えることができて、子供の成長とともに木の成長を感じることができますよ。

ただし、対象年齢があるので妊娠中から準備して、期間中にきちんと応募しておきましょう!



ピジョンの「赤ちゃん誕生記念育樹キャンペーン」がすごい♡

ピジョンの社会貢献活動の「赤ちゃん誕生記念育樹キャンペーン」。今は、2015年生まれの赤ちゃんを募集しています。

1987年から開始され、続いている植樹活動です。5000本の苗木を植樹してくれます。
育樹地は、「美和の森」と呼ばれる茨城県常陸大宮市鷲子。
応募した後、赤ちゃんと一緒に参加できる「植樹式」にも100組を招待してくれるので、近くに住んでいる人、おでかけできる人は応募してみるのもよさそうです。

対象年齢は……?

対象の赤ちゃんは、2015年1月1日から2015年12月31日までにうまれた赤ちゃん。2016年3月31日まで応募ができます。

2016年4月1日になってしまうと、2016年にうまれた赤ちゃんが対象になるので、忘れずに早めに応募してください!

登録すると

登録すると、森の住人である証明として「森の住人票」と呼ばれるヒノキ製のハガキを送ってくれます。
これには手形、足形を押しても素敵♡ 

森のログハウスには「すくすくハウス」には育樹したとして名簿に赤ちゃんの名前が記録されます。

1歳の頃には80センチだった木が、6歳には約3メートルに、20歳になったら6メートルになり、大きな森になっていくと考えると素敵なもの。
植樹式に参加できなくても、誕生したら育樹に応募して森の住人票をもらうだけでも、きっと素敵な記念になります。

大きくなって行くのもおすすめ

育樹した後は、成長を見るために「ピジョン美和の森」に行くことも可能。
近くには休憩ができる「すくすくハウス」、「鷲子運動公園」があり、しばらく行くと道の駅のみわ★ふるさと館「北斗星」もあります。

旅行で近くを訪れた時に立ち寄ったり、ここを目的地にしたりするのもいいかもしれませんね。

「すくすくハウス」には名簿があり、登録した人は名前があるので、名前を探してみるのも楽しそう。
高校卒業した時のふしめの時、成人した時、家族でここを訪れたら感慨深いものを感じられそうです。

親から贈れる無料のプレゼント♡

「赤ちゃん誕生記念育樹キャンペーン」はピジョンが毎年行っている社会貢献活動で、5000人の人数を応募しているので、対象者で応募すれば当選して名簿に記名される可能性は高いです。

親から贈ることができるプレゼントで、無料でできるものなので、忘れずに応募してあげたいところ♡

赤ちゃんが産まれたら、期間中に登録してみてください。

こんな記事も読まれています