子供の中耳炎の症状と治療方法。風邪の季節になったら気をつけたい

1,044 views

寒い季節になると多い病気の一つは風邪ですよね。子供はこの風邪から中耳炎になってしまう子が多いそうです。どこがどう痛いと症状をしっかり伝えられる年齢の子供ならすぐに病院に行くことも出来ますが、まだちゃんとした意思表示の出来ない年齢の子だと親もなかなか気付かないこともあります。特に耳は中が見えにくいので余計ですよね。なので突然子供が耳を痛がったりすることもあります。そんな時に慌てず対処出来るように中耳炎の症状と対処法をまとめてみました。

中耳炎とは?原因は?

中耳炎とは種類は様々ですが特に多いのが急性中耳炎と選出性中耳炎です。鼓膜の奥に中耳と呼ばれる空洞があり正常ならここには何もないのですがここに何らかの異常が起こると膿や水が溜まってしまいます。この膿や水が溜まってしまうのが中耳炎です。中耳炎の最大の原因は風邪です。鼻水が多く熱が出て耳が痛いというのは大体中耳炎に掛かっていると思って間違いないです。

掛かりやすい年齢はあるの?

ママからの免疫が無くなってくる生後6ヶ月から3歳頃に多いそうです。また選出性中耳炎は3歳頃から小学校低学年の子に多くみられる病気だそうです。大人でも風邪をひいた時に一時的に選出性中耳炎にかかる方もいるようです。乳幼児期は免疫力も低いので体質等によっては再発を繰り返したり完治まで長引いたりすることもあるようです。選出性中耳炎(難聴)は子供と高齢者に見られますが子供の場合は殆どの場合は他の疾患も関係をしていますが病気の元となっている疾患を治療していけば完治はするようです。

急性中耳炎の症状は?

急性中耳炎の症状は風邪等で鼻水の多い時に鼻の奥にある中耳に繋がる管をウイルスが通り中耳の中に入り鼓膜の奥で膿が溜まるので突然耳が痛くなったり発熱します。この後、鼓膜が破れ耳だれが出ることもあります。赤ちゃんの場合は耳をしきりに気にしている・鼻水が長期間治らない・熱がなかなか下がらない・1日中機嫌が悪く泣いてばかりいる・食欲がない等の症状がある場合は耳鼻科に行くことをお勧めします。

選出性中耳炎の症状は?

選出性中耳炎は鼻の奥にある中耳に繋がる管が何らかの原因で悪くなり中耳に水が溜まってしまいます。その為に耳が聞こえにくかったり鼓膜が塞がっているような感じがするそうで痛みは全くない為に風邪で病院に行った時や検診などで偶然に見つかる場合が多いようです。子供の難聴の多くは選出性中耳炎によるものが多くテレビの音を大きくしたり普段の会話の声が大きい電話での会話がスムーズに出来ない等の場合は耳鼻科に受診をお勧めします。またこのような症状を年齢が小さければなかなか伝えることが出来ないので定期的に耳鼻科での検査は大事だと思います。

治療と予防法は?

急性中耳炎は感染症なので、抗生物質などを使用し早期に治すことが可能ですが選出性中耳炎は感染症ではなく他の色々な要因が原因にもなっている事から完治までは長引くようですがどちらも難聴になったりするような後遺症は残らないようです。予防法は風邪をなるべくひかさない事と鼻水が長引いたら中耳炎を疑って耳鼻科へ受診する事が一番の予防です。またお風呂やプールなどで耳に水が入ると中耳炎になると思われている方も多いと思いますがそれは都市伝説みたいです。また突然夜中などに子供が耳を痛がったりしたり発熱をした場合は痛み止めの薬を使用すれば痛みが和らぎ翌日の受診で大丈夫なので慌てずに対処してくださいね!

こんな記事も読まれています