つわりはこう乗り越えた!先輩ママにきくつわりが楽になるコツ

1,168 views

妊娠してハッピーな気持ちもつかのま、つわりが始まるといつまで続くのかと辛いですよね。終わりの見えないつわりですが、つわりにも色々種類があります。つわりについてと、乗り越え方を紹介します。

つわりの起こる原因

そもそもつわりってなんで起こるのでしょうか?つわりは、妊娠によってホルモンバランスが変化することによって起こると考えられている説や、体内にできた赤ちゃんを異物と捉え異物を体外に出そうとするため起こる説など様々あります。しかし、つわりの起こる原因というのは未だ解明されていません。なので、つわり止めのような薬もないのです。漢方薬ではつわりを軽減するものもあるようですが、とても苦いです…。つわりを軽減でき、胎児に影響のない薬が出ると良いですよね。

いつごろから?いつまで?

つわりはだいたい妊娠5~6週の妊娠が発覚した頃から始まると言われています。つわりの終わりは、妊娠16週頃の安定期に入る妊娠5ヶ月頃におさまる方が多いようです。ピークは妊娠8~11週頃です。これには人によって様々ですし、つわりの症状の重い、軽いも様々。全く食事の取れなくなる方もいれば、つわりはなかったという(羨ましい?!)方も中にはいます。赤ちゃんに栄養が行き届くよう辛くてもなるべく栄養のあるものを摂取したいですよね。

つわりの症状

つわりの症状も人によって様々です。
吐きづわり
胃がムカムカして気持ち悪い、吐き気があるつわり。
食べづわり
空腹になると気持ち悪くなる。常に何か食べていないと気持ち悪い。
においづわり
食べ物のにおいや香水のにおいなどで気持ち悪くなる。
そのほかにも、食の好みが変わり好きだったものが食べられなくなる方もいます。
この中でも吐き続けていて、体重が減った、水分も取れないという方は要注意です。妊娠悪阻といって、治療が必要なケースもあります。その場合は産院を受診しましょう。

対策1 こまめに食事

まずは1度にたくさんご飯を食べると気持ち悪くなってしまうことがおおいので、食事は5-6回に分けて小まめに食べるようにすると少し楽になりますよ。また空腹の寝起きなどが気持ち悪くなる方が多いので、すぐ食べることができるおにぎりなどを枕元においておくと良いです。また、食事はあったかいものだと臭がきつくなるので冷たいまま食べると少しは楽になるでしょう。

ゆったりとした服装に

締め付けるブラジャーなどをやめ、ゆったりとした服装にすると楽になったという方も多いようです。締め付けにより気持ち悪さが倍増することもありますので、ゆったりとした服装に心がけましょう。また、外出などをして気分転換することも少しつわりが楽になるかもしれません。ビタミンbを補給するとつわりが楽になるという方もいるようですので試してみてください。食べれるもの食べれないものを見つけるのが一番つわりが楽になる鍵だと思います。赤ちゃんの成長してる証ですので、頑張りましょう!

こんな記事も読まれています