子供と行きたい関西の動物園5選。1日中楽しめる!

1,790 views

動物園――。子供が大好きな、お出かけスポットですね。関西には大小さまざまな動物園がありますが、近年、大きくリニューアルしたり、より野生の状態で観察できるような展示方法が取られたりと、目が放せません。自治体が運営にかかわっている「公営」の施設、パンダやサファリなど目玉となる施設を用意している「民営」の施設。すべてを紹介することもできませんので、手軽な料金で、お弁当も持っていけば1日中楽しめる動物園に絞って紹介します。もちろん屋外での施設ですから、真夏や真冬は厳しいのですが、コツをつかんで春先から秋遅くまで楽しんでください。



京都市動物園

日本で2番目に古い動物園、京都市動物園。110年以上にわたり、京都の文化ゾーン・岡崎で市民憩いの場となっています。
ゾウやライオン、キリンなど、子供たちの大好きな動物もたくさん展示されていますが、この5年くらいで、園内は大きくリニューアルされました。変わりようにビックリするくらいです。
キリン舎は、目の高さまで遊歩道が作られ、えさをムシャムシャ食べる姿が至近距離で見られるほか、地下鉄の蹴上(けあげ)駅近くに入園門も設けられました。
ペンギンが泳ぐ姿は夏も冬もユーモラスですよ。
子供は京都市民でなくても無料、タダです。大人は600円です。年間パスポートは2400円。
近くを流れる琵琶湖疎水は桜や新緑がきれいなスポット。少し足を伸ばせば紅葉の名所、南禅寺がありますので、京都の観光スポットをめぐりながら、動物園でも楽しむというのが、子供も大人も大喜びのプランです。

http://www5.city.kyoto.jp/zoo/

天王寺動物公園

通称、天王寺動物園。大阪のミナミ、街中にある動物園ですが、とっても広くて一日では足りないほどの公園・動物園です。
こちらも2015年に開設100年を迎え、猛獣たちがたくさん飼育・展示されています。なんといっても、アフリカを模したゾーンでは、ライオンやヒョウの走り回る姿が見られますが、日中は少し動きが鈍いこともあります。アジアゾウも、自然をいかした水場に寄ってきては長い鼻で水を吸う姿も見られますよ。オーストラリアのコアラも1頭ですがいます。
大阪市民にはうれしい子供とお年よりは無料。大阪市内在住の小中学生は無料なんですね。学生証や無料パス(大阪市内及び大阪市立の小中学校に配布しています)、保険証が必要です。通常は大人500円、アクセスも、JRや地下鉄の天王寺、南海の新今宮、京都からなら堺筋線に乗り入れる阪急電車など、たくさんの方法があります。

http://www.jazga.or.jp/tennoji/

神戸市立王子動物園

こちらも公立の動物園。パンダがいる動物園として有名です。
お目当てのパンダはメスの1頭だけですが、昼間もゆっくりとした愛らしい動きをしながら、竹を食べたり、運動したりしています。ほかのパンダがいる動物園などと違って、すごく近くで見ることができますので子供は大喜びでした。園内にはたくさんのいますが、次に人気なのはコアラ。キリン、象も活発に動けるような展示や飼育の工夫があるほか、休憩所にはエアコンが設置されていますので、1日楽しめる動物園ですよ。
あと隣接してレトロな遊園地があります。関西のほかの遊園地に比べると少し小さく、アトラクションも多くないのですが、土曜日曜でもあまり混んでいませんから、小さなお子さん連れにも良いですね。
阪急電車かJRの駅から歩けるほど便利です。料金は大人600円。兵庫県民でなくても、中学生以下は無料なのがうれしいですね。

http://www.kobe-ojizoo.jp/

須磨海浜水族園

こちらも神戸市の「公営」。こちらは子供無料ではありませんが、充実した展示内容、そしてイルカやペンギンのショーなど、子供たちが楽しめて、勉強にもなる水族館です。
やはり圧巻はイルカショーで通常は1日4回。ラッコが貝を割って食べるお食事タイムの見学も1日2回3回と設けられているので、その時間になると観客席や水槽の前には目を丸くした子供たちが、ショーを待っています。
有料ですが、イルカのヒレやアザラシにタッチできる体験プログラムも用意されていて、良い思い出になるほか、季節ごとのイベントも盛りだくさんですよ。
JR須磨海浜公園から歩いて5分と好立地。入園料は、大人が1,300円、15歳~17歳が800円、小・中学生は500円です。

http://sumasui.jp/

みさき公園

最後には、大阪の泉南、和歌山にちかい岬町にある、みさき公園。南海電鉄が運営している動物園・プール・遊園地の複合施設です。
民間ですが、歴史ある動物園・遊園地で、料金もむちゃくちゃ高いわけではない。しかも動物園異はトラ・キリン・ライオンなどの定番に加え、最近人気急上昇のカピパラや、ラマ、カワウソまで飼育・展示されていて、小さな子供さんには、程よい広さの園内で楽しく散策ができますよ。
楽しいイルカショーもあるほか、イルカと一緒に泳ぐ体験プログラム(別途有料)も用意されていて、将来、獣医さんや飼育員になりたいチピッコたちには人気ですね。
難点は民営だけあって、園内の飲食が高いことと、泉南へのアクセウが南海か自家用車に限られていること。とくに夏場は海水浴客で混雑するので、マイカーでのお出かけは控えたほうが良いかもしれませんが、程よい広さの動物園と、大阪湾や遠く四国を遠望できるロケーションも気に入っています。
電車なら、南海電車のみさき公園駅すぐです。

http://www.nankai.co.jp/misaki.html

こんな記事も読まれています