日本のユニークな幼稚園5選。子育てのヒントをもらおう!

7,425 views

日本の幼稚園や保育園にはユニークなものがいっぱいあります。

通うのは難しくても、建物や保育方針のコンセプトに託された”子どもにとって何を大切に思っているのか”を知ることは、子育てのヒントにもなりますよ!

日本全国から選りすぐりの5施設。ご紹介します!



世界で絶賛された!熊本『認定こども園 第一幼稚園』

この幼稚園の目玉は開閉式屋根がついた”雨水がたまる中庭”です。

水がたまるとそれは水遊び場になり、凍ればなんと雪が降る中たのしめる”スケートリンク”に!!
普段はフリースペースで運動はもちろん、オープンキッチンから料理を運んでランチルームにもなります。

基本的にすべての空間はオープン!外部とも引き戸を全開すればつながるように。
トイレも最低限の個室だけ囲う事で、清潔さが保たれるようになったそうです。

どこまでも風通しの良い園。
子供もどこまでものびのびと成長していけそうですね。

http://tabi-labo.com/147278/new-preschool/

”世界で一番楽しい幼稚園” 東京都立川市『ふじようちえん』

空から見ると円形で、子供たちは行き止まることなくぐるぐると走り回る事ができます。
その運動量はなんと1日4,000m!!

”建築で子どもたちの生活を変えたい”という建築家の信念から、
『子どもは閉じ込めるより自由に。過保護より自分で危険を感じさせて。そうする事で助け合う事を学べる』建物になったそうです。

じっとしていられない子どもが教室を出てしまっても円形を回って自然に戻って来られる。開放的にした事で生まれる”雑音”のおかげで子供が集中できるようになった。
しっかりと建物による効果が出ているようです!

子どもたちを未来へと走り続けさせるためには、自由度が必要なのですね!

http://tabi-labo.com/123554/ted-kindergarten-best/

”世界で好評価なカリキュラム” 東京赤坂 『ムーミン幼稚園』

”幸せで自信を持つ子どもを育てること”をコンセプトに、
世界でも高く評価されている”フィンランドの早期幼児教育カリキュラム”や”伝統的なスカンジナビアの教育”を取り入れているインターナショナルキンダーガーデンです。

自然とのふれあいを大事によほどの天気でない限り外に出かけていき、英語が基本用語で、フィンランド語、スウェーデン語、スペイン語、日本語を織り交ぜる事で各国の文化や背景を自然に身に着けていけるそうです。
そんな園内は、人気者のムーミンと北欧家具でやさしい雰囲気に彩られています。

子どもは楽しみながら広い視野を持ち、生き抜くための力を付ける。
頼もしい力が育まれそうですね!

http://spotlight-media.jp/article/101508202731174134

”子どもの創造性を育む” 東京都田町『しぜんの国保育園』

”アートと自然を基盤にして子どもの創造性を育む”がコンセプト。

1000坪の広大な自然を生かした園庭の中に、村のように建てられた園舎。そこでは子どもはもちろん、そこに生きるもの全てが居心地良く共生しているそうです。
園内は保護者や地域の人が自由に出入りし関わることで、子どもは多様なコミュニケーションの仕方を自然に学んでいきます。

”食べることは生きること”。季節を感じるものを食べ、味噌や梅干しは自分たちで作ることで自然に食と向き合い興味を持てる食育や、
楽器やDJブース(!)など”本物”に直接触れ、大人が関わる事で興味と想像力を膨らませていくきっかけ作りが出来るそう。
その内容は子どもを中心に考えられた『個性を伸ばす』ものになっています。

大人が居て、子供がいて。社会の秩序があって。
当たり前の事を押し付けでなく、自分で気づきながら学んでいける。
とても大事な事ですね。

http://greenz.jp/2015/07/23/sizennokuni/

”自分で切り開く気持ちを育てる” 埼玉県朝霧市『どろんこ保育園』

”にんげんのはじめのはじめ”に。
たくさんの試練を前にしても逃げずに『自分で切り開いていこう』という気持ちを持った子どもに育てたい。
自分の子育て経験から理事長が生み出したコンセプトだそうです。

中高生になった時、自分を見失わないために必要な”にんげん力”。
それをつけるためは自然の中でいっぱい遊び、生き物の生き死にを体験し、自分で考えて、お腹がすいたらいっぱい食べて、ぐっすり寝むる。
大自然に出る事を日常として、子供たちの原体験につなげていく。
これを繰り返していくうちに、子どもたちは意欲を持ったすてきな表情になっていくそうです。

自然の中で、人に育てられる。改めて考えてみたいですね。

http://www.doronko.biz/nursery/asaka.php

こんな記事も読まれています