日本の子育てと海外の子育ての違い。良い所は真似してみよう!

2,204 views

国が違うと色々な文化が日本とは違います。子育てもその中の一つですよね。筆者の私は祖父母がアメリカにいることで子供の頃から日本とアメリカを行ったり来たり日本が嫌になった時期はアメリカで暮らしたこともあります。そんな経験から自分の子育ては日本の子育ての良い所とアメリカの子育ての良い所をとり子育てしてきました。私が取り入れたアメリカの子育てをまとめてみました。是非参考にしてみて下さい☆

しつけに関して

日本は躾と虐待の境界線ってはっきりしてないように思えませんか?時には叩くことも躾の一環と考えている方も多くいると思いますが叩くこと自体がアメリカでは虐待とみなされます。私も男の子を育てたので言っただけでは聞かない子や反抗期だったりして言っただけでは聞かないからと叩くことを躾の一部として取り入れたい気持ちは充分に分かるのですが一度子供に手を上げてしまったら最悪それ以上エスカレートしてしまうこともあるかもしれないこともあるのです。子育て中には色々なストレスをママは抱えることになります。いつも正常な精神状態にいれるとは言いきれません。一度手を上げてしまっているママやパパは加害者になる恐れもあることを覚えておいて欲しいです。ではアメリカではどんな躾をしているのかというと、タイムアウトと言って決められた場所に座らせて反省をさせます。この冷却時間が親にとっても冷静になれる時間としてとっても有効なのです。親の方も悪い所があったら素直に認め子供に謝ったり同じく反省する。その後は何事も無かったように過ごす。この切り替えも大事ですね。

周りが優しい

これは真似したくても出来ない事も含まれていますが、アメリカは環境が日本に比べて優しく子育てがしやすい環境です。公共の場で妊婦さんやベビーカーを押したママがいると積極的に手伝ってくれたり親切にしてくれる方が多いです。そしてベビーカー等が通りやすいように段差をなくしバリアフリーにしている等の配慮も日本とは全く違いますよね。また父親が育児に参加することが当たり前なアメリカでは、休日は家族で楽しむ日本でいう地域のスポーツ少年団のようなものの指導は父親がしこれが地域の方との交流の場にもなっています。ママ友ではなくパパ友みたいなものもここで出来るのでしょうね。日本のパパにはアメリカの本当のイクメンを見習って欲しいですよね。

夫婦の時間も大事にする

ニューヨークでは当たり前にあるデートナイトですがこれは子供をベビーシッターや家族に預けて夫婦でデートをすることです。これは私も実行していました。このデートナイトをすることでパパとの関係もずっと上手くやっていけるメリットと毎日お母さんばかりしているのではなくたまには綺麗な服をきてお化粧して女性になることで綺麗なママでいられるメリットと家や買い物や公園など普段決まった場所にしか行けずストレスも溜まってしまいますよね?デートナイトの日くらいは自分の行きたい所好きなことをパパと一緒にすることでストレスも解消されるというメリットがあり良いことばかりなので是非真似して欲しいです!

子供の自立心を大事にする

アメリカでは子供に自分で考えさせる為に何が食べたいか?どんな服を着たいか?どんな髪型にしたいか?等子供に問いかけます。そして子供に考えさせる。例えば洋服もまだ上手に着れなくても着替え終わるまでは手を貸しません。日本人だとつい手を貸してしまいがちですよね?アメリカでは着替えがちゃんと出来ていなくても着替えを自分でしたことに対してそこで褒めます。まずは自分で何でも考えて行動することを重視しているのですね。着替え自体は大きくなれば必ず出来るようになるので着替えが早く出来ることが大事なのではなく、自分でやり遂げることが出来るか?自分から進んでやろうとする気持ちが大事なんですよね。

まとめ

アメリカでは子供が6歳になったら部屋もお風呂も異性とは別にするという習慣があり子供をお風呂に入れる親が衣服を着たままお風呂に入れているのは日本ではびっくりな話ですがアメリカでは普通なことで実際に起きた話としてパパと娘がお風呂に入っていて養育権を剥奪されたという話もあります。近所付き合いも濃いアメリカではちょっと変わったことがあれば通報されてしまうというのもよくある話なんですが、こういう周りの人との連携や協力で子育てもしやすい環境なのかもしれないですね。また最近では子供と別室ではなく寝室にベビーベッドを置いたり日本のように添い寝したりすることが見直され添い寝している方もいるそうです。文化の違いで真似出来ないことも数多くありますが、良い所はどんどん真似して子育てのしやすい環境にしたいですよね。

こんな記事も読まれています