スマホ・ネグレクトが社会問題に。スマホ依存のママが急増!

3,398 views

今やスマホ無しでの外出は不安を感じるという人は少なくない世の中になりましたね。

最近は子育て中のママにもスマホ依存が増えていて、【スマホ・ネグレクト】として警鐘がならされています。

自覚のある方も無い方も、この機会にスマホ依存についてあらためて考えてみませんか?



●スマホ依存

スマホはどんな時に使いますか?電話、メール、写真、音楽、ゲーム、調べ物・・・。
一日のうち何度スマホを手にするでしょうか。
もし、起きている間はほとんど触りっぱなしになっているとしたら、立派なスマホ依存かのようです。
中には手に持ったまま眠る方もおられるとか。

私もスマホのゲームをよくやっているのですが、たまに何の目的もなくスマホを手に取ってしまうことがありました。その行為でハッと気づいて落ち込んだことがあります。
きっとスマホ依存って簡単に陥りやすいのかもしれませんね。

●ネグレクトとは?

ネグレクトとは、無視する、ないがしろにすること。
子供の身体的な必要をないがしろにすることだけではなく、
泣いても無視することも度を越せばネグレクトとなります。

赤ちゃんが泣くのを無視し続ければ、今深刻な問題になっている“サイレントベビー”にしてしまう危険もあります。

情緒的なネグレクトは周囲も気づきにくいので見逃されることも多いようです。

●ママがスマホ依存になると?

授乳中や食事中、子供の顔ではなくスマホの画面を見ていたり、子供とお喋りもなく黙ってスマホに夢中な状態・・・。
上でも書きましたがサイレントベビーを育ててしまうことになります。

また、スマホの依存度が高いママほど、きつく子供を叱責してしまうことが多いようです。

ストレス解消が逆にストレスを増やしてしまっているのかも・・・。

●依存になってしまう理由

わたしのようにゲームにはまっている方もいらっしゃるでしょう。
はまる、というよりハマリ過ぎは良くないですね。順位も気になる(笑)

SNSをされてる方は、ほかの人の投稿や自分の投稿についたコメントが気になる、仲間外れになりそう、などの心配もあるようです。

一度勇気を出して離れてみるのはどうですか?
意外と気が楽になることも。

●子育ては今しかできない!

ママ自身がスマホをいじり過ぎてるな~と思ったら、自分はスマホ依存になっているかもしれない!という自覚を持つことが大切なんだそう。
周囲の人に指摘された時も、気づかせてもらえたと思い素直に受け入れるようにしましょう。

スマホはな~んにも考えていませんが、子供はママを愛して必要としています。
子育て中はスマホはほったらかしで^^

こんな記事も読まれています