妊活のために妊娠前に気をつけていた行動と環境

1,579 views

私たちは結婚2年目に、そろそろ子供が欲しいなぁと思ってから、2ヶ月後に、赤ちゃんが私のお腹にやってきました。

第2子も年子でやってきました!

妊娠しやすい状態が整っていたのかもしれません。

私の妊娠前の行動や環境、気を付けていた事をまとめてみます。



◆岩盤浴とリラックス

私が第一子を授かったのは、多分、夏の旅行で、岩盤浴に入り、プールサイドでとてもリラックスして過ごした時だと思います。

後で知ったことですが、岩盤浴でお腹を温めることは、ホルモン系の分泌機能が調節され、妊娠しやすくなる可能性があるのだそう。
岩盤浴の温熱作用は、代謝を高めて血行をよくするので、生理痛や生理不順が改善したという人も多いです。
岩盤浴の遠赤外線が卵子の移動を助ける可能性もあるそうです。

そして、岩盤浴の後、水辺でリラックスしたのも良かったのかもしれません。
リラックスすると、自律神経のバランスを整え、卵管機能が正常になります。

◆身体の中からポカポカする運動

妊娠前は、毎日、適度な運動を心がけていました。
身体が温まって、美容や健康にも良いストレッチやヨガなどがありますが、私は、「八段錦」という気功体操を続けています。
身体が温まって、呼吸も整い、とてもリラックスできます。
何と言っても、どこでも簡単に、短時間に出来るところが気に入っています。

◆葉酸

赤ちゃんがほしい、と思ってから、葉酸を積極的に摂取するようにしていました。
葉酸は、妊娠の1ヶ月以上前から、妊娠初期の3ヶ月の間に摂ると、神経管閉鎖障害のリスクを減らす事が出来ます。
厚生省も葉酸を摂取するよう呼びかけているようで、私が通った産院でも、葉酸のサプリなどをすすめられました。

最近では、葉酸を多く含む、たまごも売られていますね!
その他にも、ほうれん草、いちご、納豆、小松菜などにも含まれています。

◆食べ物、飲み物

私がよく摂取していたのは、大豆製品などのたんぱく質、ビタミンE、鉄分など。
これらは、卵子の質をよくするようです。

ルイボスティーも毎日飲んでしました。
ルイボスティーは、余分な活性酸素を除去する効果があり、ホルモンバランスを整えます。しかもお肌や健康にも良いので、最高のお茶ですね!

また、男性の精子をよくする食べ物もあるようです。
オメガ3脂肪酸やオリーブオイルは精子の質の向上するようです。
我が家は、料理の時のオイルは、ほぼ、オリーブオイルを使っています。

高麗にんじんは、精子にも卵子にも良いようです。
「正官庄」などのサプリは、質が良くて評判もいいです。

◆夫婦仲良くストレスレス

そして、何よりも大事なのは、夫婦が仲良しでいることだと思います。
夫婦の時間を大切にし、デートや旅行へ行く時間を持つと楽しいです。

後は、適度な睡眠時間、お風呂でリラックスするなど、身近なリラックス&リフレッシュを心がけていました。
ストレスは、生殖ホルモンの分泌にも影響して、ホルモンバランスが崩れ、排卵機能が低下したりするため、不妊にも繋がるようです。
ストレスは女性だけでなく、男性不妊の原因にもなります。

こんな記事も読まれています