簡単DIYで絵本棚を手作りしよう

9,011 views

子どもがいると、どんどん増えていくのが絵本!

本棚があっという間にいっぱいになってしまいますよね。

実は、意外なモノを使って絵本の収納スペースを増やすことができるんです。

簡単DIYに挑戦してみませんか?



すのこ

DIYの万能素材として人気の高いすのこ。
すのこを使えば、可愛い絵本棚が作れちゃいます。

収納力は低めですが、素敵な『見せる絵本棚』に仕上がります。
可愛い表紙の絵本を並べればインテリアに。
子どもの好きな絵本を並べておいて、いつでも持ってこられるようにしておくのもいいですね。

牛乳パックとダンボール

こちらは牛乳パックとダンボールで作った本棚。
布を貼って仕上げてあるので、牛乳パックとダンボールだなんてわかりませんね!

使う牛乳パックの量で、大きさは自由に変えられます。
しっかり接着すれば、紙といえどもしっかりした強度に仕上がりますよ。
表紙が見やすい深さなので、子どもが絵本を選びやすいのもいいですね。
牛乳パックがすぐ溜まってしまう…という方は作ってみてはいかがでしょうか。

スパイスラック

こちらはスパイスラックを絵本棚にするアイディアです。

浅いため、表紙がしっかり見えますね。
落下防止の棒がついているので、絵本が落ちてしまう危険性もありません。
スパイスラック自体はシンプルなので、ペイントしたりマスキングテープなどで飾るのもおすすめ。
いくつか並べて設置しても可愛いですよ。

ワイヤーバスケット

100円ショップなどでよく見かけるワイヤーバスケットも、絵本収納にぴったりです。

表紙や背表紙が見えるので絵本を選びやすいです。
奥行きや幅のあるワイヤーバスケットを選べば、収納力抜群!
絵本を無造作に放り込んでおいてもオシャレに見えるから不思議です。

ちょこっとヤスリがけをしたりペンキで汚してアンティーク風にするのもおすすめ。
オシャレなカフェのマガジンラックのように仕上がります。

木製ボックス

こちらは木製ボックスを積み重ねて作られた本棚です。
100円ショップの木製ボックスなので、出費が抑えられていいですね。

重ねることで高さが出て、一番奥の絵本も取り出しやすくなっています。
シンプルなのでどこにでも置けますし、固定されていないので移動もしやすいです。
木製ボックスはペイントしたり紙や布を貼ったり、アレンジも自由自在。
お部屋のインテリアに合わせて、可愛くアレンジしてみてください。

こんな記事も読まれています



シェア