3歳児の遊びと育児のポイント5選。パパママ必見!

1,534 views

お子さんがこの世に生まれてきて3年、すっかり赤ちゃんっぽさがなくなっていき、動きも激しくなってきた頃ですね。もうすぐ幼稚園と考えているママも多いと思います。そんな時期の子どもとの遊び、どんなことをしたらいいの?とお悩み中の親御さんに向けて、今回は3歳児の遊びと育児のポイントをまとめてみました。

生活面の成長が著しい年。

3歳という一年で、生活面の色々なことが一通りできるようになります。もちろんまだまだママの助けが必要ですが・・・。例えば、一人で着替えがたがったり、排せつをしようとする子もいます。言葉も一通り理解できるようになり、使うようになります。自分の身体の不調をママに教えてくれたりもします。今までどこかが痛くても、うまく伝えられずに泣いていただけの子が、「〇〇が痛い」と教えてくれることで、ママも対応がしやすくなりますね。自分でできることが増えてくるこの時期に、生活のリズムや習慣を身につけましょう。

http://mama.woman.excite.co.jp/editors/education/E1418603135146/

お手伝いで自信を。

お子さんは、ママの真似をしたがったりしませんか?例えば、キッチンで料理をしていると、そばに来て「見せて!」と抱っこをせがんだり・・・。料理中に子どもがそばに来ると危ないですし、正直邪魔になりますよね。そんな時は、ちょっと余裕がある時に、子供用の踏み台を用意して、少し離れたところから見せてあげるのもいいですし、レタスなどのちぎるお手伝いをしてもらうのもいいですね。そしてたっぷりと時間がある時は、思い切ってこども包丁にも挑戦させてみるのもオススメです。ママのお手伝いができたことで子供は自信がつき、またお手伝いしたいと思う気持ちが育ちます。

手先を使おう。

この時期は、手先を使う作業がオススメです。例えばお子さんにお箸を持たせて練習させたり、ハサミやお絵かき、のり付けなど手先を使う作業がおすすめです。最初は出来ていなくても、少しずつ持ち方等の声掛けをしながらゆっくりとすすめていく事がポイントです。

宝探しゲーム。

このゲームは、ママやパパと一緒に家の中で楽しめますので、雨の日など、外遊びができない日の室内遊びにもおすすめです。まず紙にママが絵を描いて、それを色鉛筆などで塗ります。それから子どもがハサミを使って絵を切り、切り取った絵を数枚用意します。そして子供が見てない間に部屋の中の色々なところにテープで貼ります。その後、宝探しの要領で子供たちが探していくゲームです。

ママは見守りながら少し手助けを。

どの遊びにも共通することですが、ママはできるだけ子供がやりたいという事を可能な限りさせてあげてください。そして、子供だけでは難しいところは、少しママがお手伝いをする程度で構いません。子供は「自分でできた!」と達成感を得たり、ママが認めてくれることで、子供は自己肯定感が育つそうです。

 

こんな記事も読まれています



シェア