3歳児の平均身長・体重・成長まとめ

13,389 views

3歳にもなると、男の子と女の子で話し方や遊び方の違いなどが出てくる頃です。

自分でできることも増え、ママとのお話もしっかりできるようになる頃でしょう。

そこで3歳頃の様子や成長、男の子と女の子の違いなど、まとめてみました。



平均身長

3歳の男の子の身長の平均は93.3cm~99.7cmで、
女の子の身長の平均は92.1cm~98.9cmです。
3歳時期は1年間のうちにだいたい平均7cm程度の身長の伸びがあります。
この頃には立位での身長測定が可能になっていますが、そのために身長の誤差が生まれることもあります。
この頃には大きい子小さい子の違いがはっきり出てくる頃でもあります。
成長には個人差があり、急にグンと大きくなる子もいれば、緩やかに大きくなる子も様々です。
あまりほかの子供と比べすぎるのはよくありませんが、たまに成長ホルモンの分泌の影響で低身長の子もいます。
気になるようであれば、かかりつけの小児科に相談してみてください。

平均体重

3歳の男の子の体重の平均は12.2kg~17.4kgで
女の子の体重の平均は11.7kg~17.0kgです。
肉付きもしっかりし、筋肉も発達しています。
もう赤ちゃんではなく幼児の体型の出来上がりです。
この頃には、体重の重い子・軽い子の違いも目に見えてわかるようになります。
これも個人差がありますが、あまりにも大きい・小さいがはっきりしているのであれば、バランスのよい食事を心がけて食生活を整えていきましょう。

カラダの発育

このころには運動神経もよくなり、片足立ちや、つま先立ち、ケンケンパなどの軽いステップ遊びなどもできるようになります。
足の力はどんどん強くなるので、三輪車やバランスバイクなども上手に乗りこなしているでしょう。
手先もずいぶんと器用になり、細かい作業もできるようになります。
洋服も自分できることができ、ボタンも自分で留められるようになっていきます。
時間はかかりますが、パパやママは手を出さず、ゆっくり見守ってあげるように心がけましょう。

言葉の発達

自分の名前やお友達の名前を覚えたり、簡単な質問に答えたりできるようになります。
この頃には会話もだいぶできるので、自分のしたいことや伝えたいことを言葉に出して伝えるようになります。
言われたことの意味も理解できるようになるので、パパやママの言っていることを守ったり、お手伝いができたりするようになります。

男の子・女の子

この頃には色や好きなキャラクターが男の子と女の子でずいぶんと変わっていきます。
これは子供の嗜好というよりも、環境が与える影響が大きいとされています。
パパやママが男の子はブルー・グリーン、女の子はレッド・ピンクなどを多く与えることが影響しているようです。
同じようにおもちゃやキャラクターの好みも男女の違いからではなく、周囲からの影響が多いとされています。

こんな記事も読まれています



シェア