知っておきたい育児ノイローゼのあれこれ

1,700 views

育児ノイローゼになっていても気付いてないママも結構多いのをご存知ですか?家族や友達は症状が悪化して深刻な状態になってから気付くもの。
早い段階で自分で気付けば対処も出来て深刻な状態にもならずに済みます。では具体的にどんな症状があると育児ノイローゼと言えるのでしょう?予防するにはどんなことが良いのでしょう?育児ノイローゼのあれこれをまとめてみました。

具体的な症状

育児ノイローゼと聞いて大体思い当たる症状は子供への虐待などですが、これはまだ症状が初期の段階で気付かずに症状が進行してしまい重度のノイローゼ状態になった時に出てしまう行動です。初期の症状としては、拒食・過食・睡眠障害・無表情などです。一番分かりやすいのは家事や育児がおろそかになるので最初に気付けるのは同居している家族ではないかと思います。

育児ノイローゼの原因

育児ノイローゼになってしまう原因は様々で原因が1つだけではなく複数あることも多いと思いますが代表的なものとしては、真面目な性格のママ・出産などによるホルモンバランスの乱れ・愚痴を聞いてくれたり相談を出来る相手がいない・パパの協力が得られない等々他にも色々と原因はあるかと思います。

どうしたら良いの?

育児ノイローゼの初期症状は本人もその変化に気付くかどうかの微妙な変化ですが、一番この変化に気付ける人は毎日一緒にいるパパですよね。もしママが普段とちょっと違うとパパが感じた時に夫婦で話し合いストレスの原因となっていることを突き止めることが症状を悪化させない為に大事な処置だと思います。では育児ノイローゼにならない為にはどうしたら良いのでしょう?

育児ノイローゼにならない為に

子育て中は子育ても家事も1人で頑張り過ぎないこと・何でも話せる人を1人確保すること・週に1度でも月に1度でも良いので子供と離れて自分の時間を作れるような環境作りを家族に協力してもらうこと・定期的に夫婦で話し合える環境をパパに用意してもらう等他にも色々あるかもしれないですが大事なのは適度な息抜きですね。

まとめ☆

ママが育児ノイローゼにならない為に自分で気をつけることは自分の時間を作ること・頑張り過ぎない・親でも兄弟でも友達でも良いので何でも話せる人を確保しておくこと。それが難しい環境なら保健士さん等に頼るのも良いですね。
また一番重要なのがパパの存在です。仕事で家を空けることの多いパパだと子育ての大変さは話さないと気付いてくれません。定期的に夫婦で話し合える時間を作ってもらいましょう。子育ては色んな人の助けと適度な息抜きがないと出来ません。適度な息抜きをしながら楽しく子育てしてくださいね☆

こんな記事も読まれています