衣装選びにドレスショップに行く準備5選!結婚式に運命の一着を♡

1,272 views
http://marry-xoxo.com/articles/1186

結婚式場が決まると次は衣装選び!結婚式場提携のお店でレンタルしようか、購入して持ち込みにしようか。色々と迷うことばかりでしょうが、ともかくお店に行ってみましょう。ネットでも写真は載っていますが、実際見ると違うものです。ここではお店に行くときの準備と心構えをご紹介します。



1 行く際は 毛の処理 & 下着 をチェック

 ドレスショップはただ見に行くだけでは意味がありません。見ていいと思っていも”似合うのか””サイズがあるのか”は別問題!ですから試着をすること前提で用意をしていきましょう。

 まずは腕や脇、足の毛の処理を済ませておきましょう。試着の際のドレス用の下着は貸してもらえるので心配しなくてOK。下着を付けるとき店員さんは出て行ってくれますが念のため、見られても恥ずかしくない下着を付けていきましょう。フレアパンツは貸してくれるお店もあれば貸してくれないお店もあります。ストッキング〈冬ならタイツ〉&ガードルを履いて行くと安心です。

2 フルメイクで行く

 ドレスショップに行く日は、普段ナチュラルメイクの人でも、しっかりめにメイクをしていきましょう。理由は結婚式本番のイメージを掴むためです。また試着をすると挙式のイメージを掴むためにベールも付けますので、髪もハーフアップかアップにしていくのがおススメです。

3 イメージを固める & 遠慮しすぎない

 お店にいくと「どんな雰囲気のものが好きですか」「何ラインのドレスが気になっていますか」と店員さんに聞かれます。

〈ライン〉 Aライン、プリンセスライン、マーメイドライン、スレンダーライン
〈デコルテ〉 ビスチェ、Vネック、オフショルダー、ワンショルダーなど
〈素材〉 レース、リボン、刺繍など

イメージを固めすぎる必要はありません。例えば「刺繍があって上品な感じ」位でOK!もしくは「これは嫌」というのを決めておくのも手です。

 通常ドレスは繊細な作りのためカバーをかけてしまってあります。普段の洋服選びの様に自分でいろいろ見て試着ではなく、店員さんがイメージを聞いて持ってきてくれることが多いです。持ってきてもらってイメージと違ったら遠慮せずに他のを持ってきてもらいましょう。

4 デジカメか携帯電話で写真を撮る

 デジカメや携帯電話を忘れないようにしましょう。

 前姿、横姿、後姿を撮っておくと選ぶ際の比較にとても役立ちます。また、結婚式当日は写真を撮られる場面も多いです。ドレスの写真写りの確認にもなります。
 新郎が試着してくれるなら、2人並んだ姿も写真に収めておきましょう。ついつい自分の好みばかり優先してしまいますが、新郎の衣装とのバランスも大切です。

5 小物の確認 & 一度目で契約しない

 小物類の値段も確認しておきましょう。例えばウエディングドレスとタキシードに必要な小物は以下になります。

〈新婦〉ブライダルインナー、パニエ、靴、グローブ、ベール、アクセサリーなど
〈新郎〉チーフ、グローブ、カフスボタン、靴、タキシード用ドレスシャツなど

セットプランがある時はどの小物までプラン料金に含まれているのか確認しておく必要があります。

 また「絶対これ着る!」という運命の一着がなかったのなら、(提携先が一店舗でないなら)何店か行き“ドレスの質”“気に入るデザインはあったか”“料金”“接客態度”など比較してお店を決めるのがおススメ。
 着た直後は気分がよく「ここでいいんじゃない」と思ってしまいがち。また、「同じ日の他の人が予約してしまうかも…」と焦りがあるかもしれませんが、「絶対このドレス」という思いがないのなら、一旦家で冷静に考えてみるといいでしょう。

http://happy-and-clever-wedding.jimdo.com/結婚費用項目別節約術/タキシード-新郎小物/

いかがでしたでしょうか。
ドレスショップに行く際は、しっかり準備して“お気に入りの一着”を探してくださいね。

こんな記事も読まれています