子どものあせも改善と予防の為に知ってて損はない事!

1,243 views

子どもはびっくりするぐらい汗かきですよね。赤ちゃん期から幼児期へとどんどん動きが出てくるとさらに汗!もうすぐ3歳の娘はちょっと動き回っただけで頭は汗びっしょり、シャワーでも浴びたのかと思うくらい。

夏も本番にさしかかると汗の量も更にパワーアップ!油断すると現れるのがあせも!拭いてもきりなく出る汗にお手上げなイメージが否めませんが、汗と上手に付き合う方法を見出せば気になるあせもを回避出来るかも。

なぜ子どもは汗かきなのか?理由その1

子どもってすごい汗かきですよね。でもなぜ?って思いませんか。ちょっと調べてみました。
汗は体から老廃物を排出させる働きの他に、体温をコントロールするという生命維持に不可欠な大切な役割を果たしています。体温を下げるために汗をかき、かいた汗が体の余分な熱を一緒に連れだって空気中に気化するので効率よく体温を下げる働きをしてくれます。

風邪を引いた時に汗をかくと熱が下がりますが、これと同じ仕組みで私達の体は体温調節機能を備えています。

でも、一体なぜ子どもは大人よりも汗をかくのでしょう?それには2つの理由があります。
①汗の出る汗腺が密集しているから
汗の出るところを汗腺といいます。気候や住環境によって数が異なるといわれます。
汗腺というとピンとこないと思いますが、毛穴のそばにある汗の出る道だとイメージしてください。
この汗腺は子どもも大人も数は同じで、日本人の場合およそ230万個あるそうです。大人よりも体の小さな子どもは比率的に皮膚の面積に対して汗腺が密集していることがわかります。
換算すると仮に大人が一定の皮膚面積上に1つの汗腺があると、赤ちゃんや子どもでは8つから12以上の汗腺が存在する統計になります。汗腺が密集しているから、汗っかきになる構図を作っている。

なぜ子どもは汗かきなのか?理由その2

②カロリーを消費しやすい体質だから
子どもの成長は目を見張るもんがありますよね。子どもは日々大きくなるために体の中では細胞レベルで成長に向けて頑張っています。このため、新陳代謝が活発でカロリーの消費が高く、細胞を保持するための体内の水分量も多いので汗をかきやすい状態にあります。

ダイエットでよく痩せやすい体質・痩せにくい体質がありますが、まさに子どもは熱量を消費するやせやすい体質。なんて羨ましい体質!

カロリー消費に転じる行動ではぐっと新陳代謝の活発さが相まって体温が上がるので、ちょっとした体の動きや、食事などでも容易に汗をかきやすくなります。まるでシャワーを浴びたような汗をかくのもこのためなのです。

なぜあせもになるの?

汗を沢山かきやすいと、どうしてあせもになりやすいのでしょう?
それは汗腺にある汗の通り道が多量の汗に対応できずに閉じてしまい、汗が流れ出にくくなってしまうから。
<ちょっとうんちく>汗の通り道であるエクリン汗腺が閉塞して、皮膚内に閉じ込められた汗が小さな水疱になり、あせもを発症させるメカニズムを生じさせる。あせもが汗貯留症候群の別名を持つ理由ですね。

でも、誤解してはいけません。「汗っかき=あせもができる」ではないです。
かいた汗を効率よく放散させれば、沢山汗をかいてもあせもになるという事態を招くことを回避できる。いつまでも、肌が汗でジメジメした状態を作らないこと!

あせもの症状

赤ちゃんや子どもにみられるのはおもに次の2種類があるようです。
①紅色汗疹・・・ほとんどのあせもがこの紅色汗疹。皮膚が炎症を起こして赤みをおび、そばによってみるとプクッとした小さな赤いプツプツが群れになって出ている。
かゆみが強いので、汗をかいたあと子どもがかくような仕草を見つけたらすぐに皮膚チェックです。
<出来やすいところ>
・空気に触れないおしりの割れ目周辺や外陰部、脇の下
・背中と首まわり
・おでこや頭(ほっぺにできる場合もあり)
・足の付け根など下着などで皮膚の擦れやすい部位
②水様性汗疹(水晶状汗疹)
皮膚がブツブツと赤くなる紅色汗疹とは違って、透明で細かな水疱が沢山あらわれる。
かゆみもないので、はじめてみたときには水いぼ?水疱瘡?と思うママも多いようですが、基本的には自然治癒していくタイプ。
インフルエンザや感染症などで高い熱を出して汗をかくことで現われるのが特徴です。発症してから2、3日で水疱が破れていつのまにか治ってしまいます

あせもに効くのは?

病院の処方箋以外であせも薬を塗るのは小さな子では避けた方がよいといわれます。
例えば、あせもができたと思って市販薬を塗ったら、アトピーによる炎症でかえって症状を広げてしまったという報告もあるようです。月齢が小さい赤ちゃんでは特に自己判断での市販薬の使用は避けて、一度かかりつけの小児科に相談するのがベターですね。
私は娘が1歳の頃にアレルギーテストをしてから市販薬を使いだしました。
娘にはポリベビーが効果あります。あせもを発見して塗るとすぐに赤みが引いています。ひどくなるまえに塗るので1回で治ってます。傷口がないなど、あせもの状態が酷くなければ使用上の注意をよく読んだうえで使ってみてください。

ちなみに昔から言われるベビーパウダーはあせものできたお肌には使ってはダメ。あせも肌にはかえって汗腺を詰まらせ肌状態を悪くします。

こんな記事も読まれています