通常出産後の産院入院事情、日本と米国ハワイ州の違い

2,326 views

「産後一週間入院して、そのあと実家にしばらくいて床上げしたの」

うらやましかったなー。日本で出産した友人に、これを聞いた時。

日本では通常分娩で母子ともに健康な場合、産後、4~7日位の

入院を経て、経過が順調であれば退院というのが一般的です。

欧米諸国はというと。。。



えーもう帰るの?

欧米で比較的多いのが、保険の関係上、通常分娩で母子ともに健康な場合、
産後、24時間から36時間以内で退院となる所です。
初めての出産をハワイ州オアフ島でした時、産後、
あっという間に退院となり、ビックリしました。
病室から病院玄関までは看護師さんが車イスで
連れて行ってくれるのがそこの病院のポリシーでした。

産後の食事はステーキ

お産の為入院する際、産後の食事メニューカードが渡されます。
内容は肉、魚、ベジタリアン等。
看護師さんにおすすめは?と聞くと
ステーキ!との事で、決定。
そして、産後、ドーンと想像よりはるかに
大きくて、おいしいステーキが出てきてビックリ。
その時、看護師さんに聞いてみました。
1日退院のばしたりは出来ないのでしょうか?と。
希望だったら出来るけど、保険きかないよ。
いくらかかるか知ってる?

ふところ事情

当時マイカーさえ持てずにいた若い夫婦に
親切な看護師さんは言いました。
母子ともに健康だから大丈夫よ。
自信をもって帰りなさい。
退院してもし体調が悪くなったり何かあったらすぐ来なさい。
保険のきかないあなたの明日の入院費で
中古車買えるわよって。
えー!ステーキの大きさよりビックリでした。

入院中の忙しさ

食後、看護師さんから、赤ちゃんのベーシックなお世話と各種書類に
ついてのレクチャーを受けます。その後、退院前にシャワーを
使いたい方はどうぞと言われました。
が、あれやこれやとやる事はあるし
疲れてるし痛いし眠いしのなかで、忙しくて
結局その時はシャワーを浴びず退院。
あわただしい1日入院でした。

それぞれの良さ

無痛分娩が主流の欧米では産後の回復が早いというメリットがあると言われ入院も短期間です。
最初は驚きでしかありませんでしたが、二人目出産の時には慣れたもので、これはこれですぐ自分の家に帰れてらくだな。なんて思い、産後、シャワーを浴びる余裕もあった位です。
直ぐに自宅に帰るので自然と夫婦、家族で協力しあって子育てをする環境になります。
ただ、寝不足で時々夫婦ケンカが勃発する可能性がありますのでお気をつけくださいませ。
多様化する現代、出産も自分らしいスタイルが選択可能になりつつあるようですが
さて、今後はどんなタイプの出産が主流になるのでしょうね。

こんな記事も読まれています



シェア